圧巻のハットトリックを記録した闘莉王。チームに勝点3をもたらした。写真:川本 学

写真拡大

[J2リーグ8節]京都3-2愛媛/4月15日/西京極

 J2リーグ8節、愛媛との一戦で京都の田中マルクス闘莉王がハットトリックを達成した。
 
 愛媛に先制されて迎えた52分、闘莉王はCKのチャンスで打点の高いヘディングをゴールネットに突き刺して1-1の同点にする。
 
 さらに72分には、クロスを胸トラップで収め、巧みなタッチで3人の相手DFを翻弄し、シュートをゴール左に決めた。
 
 逆転に成功した京都だったが、90+1分に同点弾を許し、試合を振り出しに戻されてしまう。引き分けムードが漂う中、その空気を払拭したのはまたもや背番号4だった。
 
 90+2分、ペナルティエリア内でボールをキープしたケヴィン・オリスの折り返しに反応したのは闘莉王。シュートはゴールネットに吸い込まれ、京都が逆転に成功した。
 
 試合はこのまま3-2で終了。闘莉王の劇的逆転弾が決勝点となり、チームに勝点3をもたらした。