スバル・インプレッサには、ポート噴射の1.6Lと直噴の2.0Lがあり、ともにNA(自然吸気エンジン)が搭載されています。今後スバルはダウンサイジングを含めたターボ化の推進も視野に入れているようですが、現行インプレッサと新型XVはNAのみ。

1.6Lにするか2.0Lにするかで迷っている方もいるかもしれません。動力性能的には街中中心であれば1.6Lでも不足はなく、高速道路を使う機会が多かったり、4人乗車や荷物も多く積載することが多かったりするのであれば2.0Lが無難な選択といえそうです。

1.6Lの4WDモデルに約400km(399km)ほど乗る機会がありましたので、実燃費を報告します。

1.6LのJC08モード燃費は、FFが18.2km/L、4WDが17.0km/L。なお、「2.0i-L EyeSight」のFFが17.0km/L、4WDが16.8km/L、最上位の「2.0i-S EyeSight」のFFが16.0km/L、4WDが15.8km/Lとなっています。

以前お伝えしたように、「2.0i-S EyeSight(4WD)」で約350kmを走った時の実燃費(満タン法)は12.43km/Lでした。

「1.6i-L EyeSight(4WD)」は、399km走って30.89Lを給油。一般的には誤差の多い満タン法ですが、こちらは12.91km/L。

カタログ燃費でいえば、1.6Lの4WDは17.0km/L、2.0Lの4WD(2.0i-S EyeSight)は15.8km/Lですので、もう少し1.6Lには走ってほしいところですが、条件がかなり異なりました。

1.6Lは高速道路が約6割、街中が約2割、山岳路が約2割で、10km近い渋滞に遭遇することも数回あり、燃費的には厳しい条件。同一条件下で走らせればもう少し1.6Lの燃費が良くなる気がします。

 

また、1.6Lの方が2.0Lよりも非力なぶん、アクセルを踏み込むシーンが多く、実燃費では不利になった可能性も考えられます。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

【新型インプレッサ1.6L公道試乗】インプレッサに追加された1.6Lモデルは、街中ならパワー不足を感じさせない?
https://clicccar.com/2017/04/15/462560/

【新型スバル・インプレッサ公道試乗】約350kmを走破した新型インプレッサの実燃費は?
https://clicccar.com/2016/11/02/413050/

【新型インプレッサ1.6L公道試乗】約400km走行したインプレッサ1.6Lの実燃費は? 2.0Lとはどのくらい違う?(http://clicccar.com/2017/04/15/462592/)