“65”と爆発した永野竜太郎、地元・熊本へ優勝を捧げたい(撮影:米山聡明)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 3日目◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
昨年、熊本地震で被災した人々を勇気づけたいという一心で3位に入った永野竜太郎。その思いは今年も変わらず、自分が頑張る姿を被災地に届けたいと大会前に語っていた。2日目までなかなかスコアを伸ばせずに苦しんでいたが、この日、ついに爆発。1イーグル・6バーディ・2ボギーの“65”をマークしたのだ。
被災者に黙とうを捧げる女子プロ達
圧巻は14番パー4でのイーグル。「ピンまで残り93ヤードでしたが、60度のサンドウェッジで打ったら、カップの手前から滑り込むように入りました」。
実は永野にとって、100ヤード前後の距離は昨年からの課題だった。アベレージゴルファーならショートアイアンでフルショットすればちょうどいい距離でも、飛ばし屋の永野はサンドウェッジでもコントロールショットをしなければいけない。死活問題でもあるだけに、このオフは徹底的にこの距離を練習。その成果がようやく形になって表れたというわけだ。
「今日はスコアの出やすいインコーススタートだったので、前半にスコアを伸ばすつもりだったのがうまくいきました。明日はアウトコーススタートなので、前半に少しでもスコアを伸ばしつつ、後半一気にまくりたいですね」。
という永野。昨年は最終日に“66”をマークしながら1打及ばず、プレーオフに残れなかった。今年は首位と6打差あるものの、ゴルフは何があるか分からない。自分のリベンジと熊本を元気づけるためにもあきらめるつもりは一切ない。
文/山西英希

<ゴルフ情報ALBA.Net>

あれから1年、熊本出身の永野と重永の胸の内は
熊本県出身の永野竜太郎は3位、重永亜斗夢は4位で終戦「少なからず不思議な力が」
地元V王手の上田桃子、熊本のファンの大声援に「本当に幸せ」
「何かしたい」女子プロの思いが形になった復興祈念じゃんけん大会
さすがジャンボ! 小平智への粋な贈り物