GKがバックパスをトラップミス…町田がラッキーゴールで今季ホーム初白星《J2》

写真拡大

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節のFC町田ゼルビアvs横浜FCが町田市立陸上競技場で行われ、1-0で町田が勝利した。

▽今シーズンここまで2勝3分け2敗で11位に位置する町田と、4勝2分け1敗の4位に位置する横浜FCの対戦。町田は1-3で勝利した前節のアビスパ福岡戦から出場停止の増田に変えて金聖基を起用。一方の横浜FCは2-0で勝利した京都サンガF.C.戦と同じ11名を先発させた。

▽先にチャンスを作ったのは町田。5分、森村がロングボールを送ると、深津の折り返しを李漢宰がシュート。しかし、これはゴールとはならない。

▽横浜FCは8分、三浦がボックス内でボールをキープし野村にパス。野村はクロスを上げるも、味方には合わない。

▽町田は12分、松本が左サイドからクロス。これに飛び込んだ戸島が頭で合わせるも、シュートは枠を外れる。

▽その後は横浜FCが押し込むも決定機は訪れず。迎えた34分、左CKから森村がクロスを送ると、金聖基がヘッド。しかし、これはクロスバーに嫌われる。

▽ゴールレスで迎えた後半、50分に町田がチャンスを作る。裏に抜け出した戸島が巧みなトラップでDFをかわしボックス内に侵入。そのままシュートまで行くが、力なくGK高丘がセーブする。

▽横浜FCは67分に左サイドを仕掛けた田所が深い位置からクロス。これをジョン・チュングンがボレーで狙うも、枠を外してしまう。

▽互いに決めて欠きスコアが動かないまま迎えた74分、突然ゴールが生まれる。西河がGK高丘にバックパス。これを戸島が追うと、GK高丘がトラップミス。そのままボールはゴールに入り、町田がラッキーな形で先制する。

▽思わぬプレゼントゴールをもらった町田は、攻勢を強める。途中出場の吉濱が積極的にシュートを狙うも、得点は動かず。横浜FCは寺田や大久保を入れてゴールを目指すも、最後までネットを揺らせず。1-0で町田が今シーズンホーム初勝利を挙げた。