イーロン・マスクやジャック・マー、「凄い起業家」10人の名言

写真拡大

ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、ラリー・ペイジ、マーク・ザッカーバーグー。いつの時代も変革に挑む”ゲームチェンジャー”の発明やアイデア、情熱が世界を変え、そこには彼らを突き動かす言葉があった。

現代の世界的変革者30人が発した「凄い言葉」を紐解く第2弾。【第1弾はこちらから>>】

1) イーロン・マスク/テスラ・スペースX

──「『恐れ』は理にかなったものとして無視する。理にかなっていたとしても、前に進むのが遅くなるからだ」

[解説] 大学で物理学を専攻したマスクによる常に原理原則まで遡る「物理学思考」は、起業家としての武器だ。

2008年、マスクは危機的状況に陥っていた。スペースX最初のロケット「ファルコン1」は、3回連続で打ち上げに失敗。テスラは、予約注文を受けたロードスターの出荷の大幅な遅れで、倒産の噂が飛び交っていた。

さらなる失敗を回避するべく、宇宙産業からの撤退が合理的に思えた。だが、マスクは雑音に惑わされず、「なぜ打ち上げに失敗したのか」という技術的原因を追究。3度目の失敗も「新型エンジンは素晴らしかった」と、技術面での前進を冷静に評価していた。

08年9月、4度目で遂に打ち上げは成功。おまけにNASAからスペースステーションと民間宇宙飛行の大規模な契約を獲得。創業6年で達成した偉業の背景には、「絶対に不可能なもの以外は可能だ」という科学者然としたマスク流の思考法があったのだった。

──「私たちは世界に役立つことをしている。それが一番大事」

[解説] フィクションを愛する少年だったマスク。彼が独学で習得したプログラミングを駆使して開発したSFゲーム「ブラスター」で賞金を獲得したのは12歳の頃だった。自ら創業したZip2を売却、2,200万ドルを得て、IT長者の仲間入りを果たしたのも、わずか27歳。その後は、イーベイによるペイパルの買収で、1億6,500万ドルを手に入れている。

ただ、大好きだったゲームも、十分な結果を残したインターネットも、マスクにとっては「一生を懸ける仕事」ではなかった。彼は、悠々自適な生活を送れるだけの大金を元手に、「人類と地球の救済」を目指し、現在手がける3つの事業を開始。あえて険しい道を選んだのだった。

仕事を選ぶ時は、自分の嗜好や過去の実績に囚われず、「社会へのインパクト」を第一に考える。「明るい未来を信じられる仕事をつくることが、リーダー自身の誇りにもつながっていく」と、マスクは断言するのであった。

2) ジョルジ・パウロ・レマン/3G CAPITAL

──「人生でリスクを冒すことができる人間になるには、練習しかない」

[解説] リスクテイクの価値を説くブラジルNo.1の大富豪、レマン。その経験は、教室では学べないと語る彼は、嵐の中でのサーフィン、5回の国内優勝を果たしたテニスの経験が、ビジネスに役立ったと振り返る。

3) 郭台銘/鴻海(ホンハイ)精密工業

──「チーズを抜くことができますか」

[解説] アメリカのマクドナルドのレジで、郭は尋ねた。ファストフード界のトップカンパニーは、顧客の要望に柔軟に対応できるか。それは、鴻海をEMS業界のリーディング・カンパニーに成長させ、一代で14兆円企業を築き上げた巨匠なりの企業診断だったのだ。

4) ジャック・マー /アリババ

──「僕にとっての『ひざまずく』という言葉は、立てなくなった時に、横たわらずに、倒れずに、ただ膝をつき耐えるという意味なのです」

[解説] ジャック・マーほど、「危機」と向き合うことに長けた起業家はいない。設立後1年で、世界中に”狂乱的な事業拡大”をする中、インターネットバブルが崩壊。一転、半年で資金が尽きる見込みの危機的状況に陥った。この白旗を上げてもおかしくない状態で、ジャック・マーは躊躇なく、事業縮小を決断。”倒れる”ことを回避し、”耐えた”のだ。

膝をついた状態は、次に立ち上がる瞬間に備えた”立て膝の姿勢”でもある。社内の全体会議では、「バブルの崩壊で、業界が天国から地獄になり、僕たちはゲリラ戦士から正規軍になった」と危機を再解釈し、若い社員たちを鼓舞。メディアには、危機に陥った過程を巧みに説明し、過ちを認めることで、「存続に向け、事業縮小を選んだ優れたリーダー」と印象づけ、創業以来「最大の危機」を乗り越えた。

立ち続けられないからといって、すぐ倒れてはいけない。危機の中に好機を見出すことが、再起につながるのだ。

──「USBメモリーの使い方もいまだにわからない。でも、そんなのは些細なこと。大事なのは、理想が何かということだけだ」

[解説] 語学が得意で、大学の講師をしていたジャック・マーの人生は、IT技術とは無縁だった。アリババ創業時、彼がメールしか使えない”IT素人”だった一方、当時の中国インターネット業界を牽引していたのはMIT卒やプログラマー出身の若き”IT専門家”たち。それでも、35歳にして創業に踏み切ったのは、「インターネットが中国を変える時、その中心にいたい」と夢見ていたからだった。

「買いたい物と売りたい物を掲載した電子掲示板」の発想から出発したアリババの電子商取引。「掲載物はすべて審査、分類する」という方針を、技術スタッフは「インターネットの精神に反する」と指摘。マーはその反対を押し切り、素人目線から見た”理想のインターネット”を目指し、成功を掴んだ。

「理想があれば、後は誓いだけだ」

マーの原点は、技術至上主義でも、インターネット原理主義でもない。まずは、実現したい理想を持つこと。そうすれば、自ずとやるべきことは決まるのだ。

5) オスマン・カイバール/SAMUMED

──「シリコンバレーで投資家を探さなかったのは、あそこのタイムラインが、長期的な目標にはマッチしないから」

[解説] 「高齢化を逆転される治療薬」に世界中の投資家が資金を出したがった。ただ、創業者のカイバールは「支援が、時に自分の首を絞めること」を企業経験からよく知っていたのだ。

6) キム・ボム/クーパン

──「顧客を僕たちの望むように”曲げる”ことはできないけど、僕たち自身が顧客の要望に従って、”曲がる”ことはできるでしょ」

[解説] 顧客の求めるところに、ビジネスの正解がある。”韓国のアマゾン”の異名を持つ、電子商取引サイト「クーパン」も、掲げるのはもちろん「顧客第一主義」だ。

7) リード・ヘイスティングス/ネットフリックス

──「今のテレビでは不十分。必要なのは、”科学的”なサービスなんだよ」

[解説] 1950年代、テレビの登場で、メディア界の主役の座を降りることになったラジオ。ヘイスティングは、今度はインターネットテレビが、テレビを駆逐すると確信している。

8) ジェンスン・フアン/NVIDIA

──「世界に今よりもっとコンテンツが増えれば、もっと高度な ビジュアルが求められる。そこで、もっと画像処理速度が必要になるのは当然じゃないか」

[解説] 1999年以降、一貫してビジュアル・コンピューティング界のリーディング・カンパニーだったNVDIA。今後、ますます自分たちの仕事が重要になることを、端的に表した一言。

9) 王健林/ワンダグループ

──「ただの続編なんてダメだ。中国でヒットさせたいなら、もっと品質を上げるべきだ」

[解説] 2016年のレジェンダリー・ピクチャーズの買収を起爆剤に、世界的なエンターテインメントブランドへの転身を目指す王。しかし、ハリウッド流のやり方を素直には受け入れはしないのだ。

10) アレックス・カープ/PALANTIR TECHNOLOGIES

──「技術を何に使うかを考えるのが、僕の仕事だ」

[解説] 社会理論で博士号を取得したため、IT技術への理解が皆無だったカープは、「政府へのテロ攻撃を防ぎたい」というビジョンのみで、巨額の資金を調達したミッションドリブンの起業家。同社は、CIA等の政府組織や大企業向けのデータマーケティング・ソフトウェアを開発している。提供したソフトウェアは、防衛機関で活用され、テロリストの身柄確保などに貢献している。