それはあまりにも突然な「マラソン参戦宣言」だった。大迫傑(ナイキ・オレゴンプロジェクト)は、2月21日に自身のツイッターで「大迫、ボストンマラソン走るってよ。」とつぶやいたのだ。そのツイートだけでスポーツ紙の記事になり、陸上ファンは騒然となった。


昨年のリオ五輪に出場した大迫 大迫といえば、3000m(7分40秒09)と5000m(13分08秒40)で日本記録を保持する日本長距離界のエースだ。早大時代から「世界」を目指し、箱根駅伝では1区で2度の区間賞。2014年の大学卒業後は拠点を米国に移して、アルベルト・サラザール率いるナイキ・オレゴンプロジェクトに加入した。1年で日清食品グループを退社すると、2年前から「プロ選手」として活動している。

 昨季は、日本選手権の1万mと5000mで圧倒的なスパートを見せて2冠を達成し、リオ五輪では1万mで17位(27分51秒94)に入った。そして、今年2月5日には丸亀国際ハーフマラソンに出場した。大学1年の上尾ハーフ(U-20日本最高記録の1時間1分47秒)以来、6年3カ月ぶりとなるハーフで1時間1分13秒の自己ベストをマークするも、終盤にペースダウンして神野大地(コニカミノルタ)に9秒遅れた。

 トラックのスピードは確実に進化している大迫だが、20km以上の距離に関しては、さほど成長していないように感じた。この時点では今夏のロンドン世界陸上選手権はトラック種目で狙う意向を示しており、「リオ五輪で達成できなかった8位以内を目指したい」と話している。

 大迫がツイッターでつぶやいたのは、丸亀ハーフの約2週間後だ。そのタイミングでの「マラソン走るってよ」宣言だったため、筆者は少し驚いた。

 オレゴンプロジェクトは、五輪・世界選手権で4大会連続の長距離2冠を達成したモハメド・ファラー(英国)、男子1万m(26分44秒36)の米国記録保持者であるゲーレン・ラップ(米国)らが所属する世界トップの長距離チームだ。大迫はそこで、日本人選手としては未知なるスピードを手に入れつつある。しかし、それでマラソンも走れるかというと、そこには疑問符がつく。

 ロンドン五輪の男子1万mでは、ファラーとラップがワン・ツーを飾るなど、トラック種目を席巻してきたオレゴンプロジェクトだが、マラソンではトラックほどの結果を残せていないからだ。

 また、大迫がマラソンに出場する時期に関しても、日本陸上界の常識からすれば少しズレている。日本トップクラスの選手がマラソンに出場する場合は、「その先」を考えている。具体的に言うと、この冬に関しては、ロンドン世界選手権の選考レース(福岡国際、別府大分、東京、びわ湖)に出場するのがオーソドックスな形だった。

 しかし、大迫が選んだのは4月17日のボストンだった。どんなに好タイムを出したところで、ロンドン世界選手権にはつながらない。もうひとつ心配なのは、トラック種目への影響だ。大迫はロンドン世界選手権の参加標準記録(5000m/13分22秒60、1万m/27分45秒00、2016年以降の記録が条件)をまだクリアしていない。マラソンのダメージが残っていると、トラックへの移行がうまく進まずに、ロンドン世界選手権の日本代表を逃すリスクが高くなるからだ。

 もしかしたら大迫はロンドン世界選手権をさほど視野に入れていない可能性もある。さらに先を考えた上での「チャレンジ」なのかもしれない。

 先日、別の取材で大迫の恩師であり、オレゴンプロジェクトを視察したこともある住友電工・渡辺康幸監督(前早大駅伝監督)に会う機会があった。大迫のマラソン挑戦について尋ねると、「あのチームは先のことを考えてプログラムを組んでいるので、今後を見据えての挑戦だと思いますよ。タイムですか? 2時間12分でまとめられたらいいんじゃないでしょうか。どの集団でいくのかわかりませんが、サードペースメーカーについていければちょうどいいのかもしれません。ボストンがどんな結果でも、大迫君はオレゴンで強くなってくれると信じていますし、強くなってくれなきゃ日本陸上界のためにならないですよ」と話してくれた。

 これは日本陸連の長距離強化担当者に聞いた話だが、大迫のAR(公認代理人)によると、今後については、「ボストンマラソンが終わらないとわからない」という。ロンドン世界選手権をトラックで狙うかもしれないし、ボストンで手ごたえをつかむことができたら、マラソンに本格参戦していく可能性もあるようだ。

 1897年に始まったボストンマラソンは、瀬古利彦が2回優勝するなど、かつては日本人選手も活躍した歴史と伝統を誇る大会だ。今回は世界記録保持者のデニス・キメット(ケニア)を筆頭に、2時間5分30秒以内の自己ベストを持つランナー10名が出場予定。他にも、大迫のチームメイトでリオ五輪の男子マラソンで銅メダルを獲得したラップも参戦する。前半は下りが続くワンウエイコースで、35km付近には有名な「ハートブレイクヒル(心臓破りの坂)」が待ち構えている。前半はスピードのある大迫にとって走りやすいものの、距離の適性を考えると、終盤は厳しい戦いになるかもしれない。

 世界中が注目するボストンマラソンは4月17日に行なわれる。果たして、大迫傑はどんな走りを見せるのか。日本の男子マラソンは冬の時代が続くだけに、米国で「春一番」が吹くことを期待せずにはいられない。

■陸上 記事一覧>>