“カムバック”WINNER、ドキュメンタリーフィルムを電撃公開(動画あり)

写真拡大

WINNERのカムバックのビハインドストーリーが収められているドキュメンタリーフィルムが電撃公開された。

YGエンターテインメントは本日(15日) 午後2時、公式ブログに、WINNERのシングル「FATE NUMBER FOR」の全般的な準備過程、MV撮影、エピソード、カムバックへの感想などが収められているドキュメンタリーフィルムを掲載した。

映像でWINNERは「FATE NUMBER FOR」というアルバムのタイトル名をつけた背景に、4人で活動を始めるようになった意味を表す「FOUR」と「F.O.R」の両方の意味を含んでいると説明した。カン・スンユンは「皆様のために、そしてぼくたちの夢への誓いが収められている」と付け加えた。

アルバムを準備しながら起きたエピソードも公開した。今回のカムバックとともにカン・スンユンは、型破りな変身のために、生まれて初めて髪の脱色にチャレンジし「本当に溶岩をぶっかけられる感じだったといえるほど痛かった」と言いながらも、やがて満足しい脱色を続けると話した。

さらにLA現地でオールローケーションで行われたミュージックビデオ撮影で、メンバー同士でプールで休んでいる様子やミュージックビデオを撮るたびに天気が悪く、もう一度アルバムジンクスを経験するWINNERが描かれ注目を浴びた。

コンセプトショールームのオープン日である1日、開催されたパーティーに参席した同じ所属事務所の先輩後輩である元2NE1のDARA、iKON、ユ・ビョンジェ、女優キム・ヒジョンなど多くのYGファミリーがWINNERのカムバックを応援する様子も映像に収められている。

最後にカムバックへの感想についてソン・ミノは「メンバーたちといると家族のように気楽だ。これからもスケジュールはハードだが、本当に楽しくなると思うし、ワクワクする」と話し、メンバーたちへの愛情を表した。さらにキム・ジヌは「1年2ヶ月の間待っていてくださったファンたち、僕たちを好きになってくれる皆様に感謝している」と、カムバックを待っていてくれたファンたちにも感謝の気持ちを伝えた。

WINNERは4日、1年2ヶ月というブランクを破り、新曲「REALLY REALLY」と「FOOL」でカムバックし、各種音楽配信サイトでリアルタイムチャート1位はもちろん、iTunesアルバム・チャート21ヶ国で1位、アップルミュージック「Best of the Week」などに選ばれ、海外でも熱い反応を得ている。

13日Mnet「M COUNTDOWN」で「REALLY REALLY」で1位トロフィーを獲得し、音楽番組まで圧倒したWINNERは、引き続き活発なカムバック活動を続けていく予定だ。