[4.15 J2第8節 大分1-0金沢 大銀ド]

 J2は15日、各地で第8節を行い、大分トリニータはホームでツエーゲン金沢と対戦した。FW後藤優介の2試合連続ゴールが決勝点となり、大分が1-0で勝利。一方、昨年7月以来となる2連勝を飾っていた金沢は4試合ぶりに黒星を喫した。

 序盤から大分がボールを保持し、多くの決定機を創出した。前半5分、MF岸田翔平のスルーパスに抜け出した後藤がPA内から右足を振り抜いたが、シュートはGK白井裕人が落ち着いてキャッチ。前半9分には右CKからMF鈴木惇が浮き球のクロスを供給すると、ファーサイドのFW三平和司が強烈なヘディングシュート。決定的なチャンスだったが、GKが右手一本でかき出した。

 防戦一方の金沢は相手のミスを突いて攻勢に出る。前半20分、右サイドでパスミスを拾った流れから、MF杉浦恭平のスルーパスをFW佐藤洸一が落とし、PA手前からFW中美慶哉が左足ミドル。これはGK上福元直人のセーブに阻まれた。その後はFW三平和司がシュートを連発するなど再び大分が押し込んだが、先制点は奪えず。互いにセットプレーのチャンスも生かせず、スコアレスで前半を折り返した。

 後半9分、大分はFW林容平に代えてMF川西翔太を投入。後半に入っても主導権は譲らず、三平やDF福森直也がヘディングシュートで相手ゴールを脅かす。対する金沢も同15分、MF大槻優平に代えてMF宮崎幾笑を投入して徐々に攻勢を強めると、宮崎がカットインから右足を振り抜き、強烈なミドルシュートを放ったが、惜しくも枠をとらえられなかった。

 迎えた後半30分、ついに均衡が破れる。右サイド、敵陣後方から鈴木惇が正確なロングフィード。PA内右のMF小手川宏基が頭で落とすと、ファーサイドの後藤がヘディングシュートを押し込み、先制点。後藤は第7節の山形戦(2-3)に続く2試合連続ゴールとなった。最後まで金沢の反撃を許さず、この1点を守り抜いた大分が1-0で勝利し、3試合ぶりの白星を飾った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第8節1日目 スコア速報