パット好調の藤田寛之が首位争いに名乗りを上げた(撮影:米山聡明)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 3日目◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

スタートの1番ホールこそ1.5メートルのパーパットを外してボギーを叩いたが、その後は5バーディを奪い、スコアを4つ伸ばした藤田寛之。トータル11アンダーで首位とは2打差と、逆転優勝を狙える圏内で3日目を終えた。スコアを伸ばせた理由はショートゲームにあるという。
稲村亜美が聞く!男子ツアーで一番の“神スイング”はだれ?
「ショットの調子が今ひとつなんです。フェアウェイをけっこう外してますからね。ただ、大事なところでうまくパットが決まってくれました」。
確かにこの日のフェアウェイキープ率は50%で40位タイ、パーオン率は66.67%で35位タイとショットの好不調を表す数字はよくなかったが、平均パットは1.5833と4位タイにつけている。実は、今年からオフの練習方法を変えたというのだ。
「昔は1日700〜800球ぐらい打てましたが今は体力的に300発も打てば十分です。寒い中、ボールを打つのはメンタル的にも耐えられませんからね。その代わり、毎日1時間はアプローチとパットの練習に費やしていました」。
松山英樹も使用するデーブ・ペルツが考案した練習器具“パッティングチューター”を自腹で購入。それを使ってストレートラインだけでなく、フックラインやスライスラインを見つけては、ひたすらボールを転がし続けたという。
「2日目、3日目は3パットがなかったし、パーを拾いながら、少ないチャンスをものにするという自分のプレースタイルができるようになってきました」。
大きなショットではなく、小さなショットの精度をコツコツと上げる作戦が功を奏したわけだ。今大会では04年に優勝しているが、13年ぶりの美酒に大きく近づいたことは間違いない。
文/山西英希
<ゴルフ情報ALBA.Net>

“まだまだいけるぞ” 藤田寛之、ジャンボの言葉から自信をもらう
尾崎邸でアプローチを磨いた小平智、“ジャンボウェッジ”も活躍
【国内開幕特別企画】稲村亜美が聞く!男子ゴルフ#2 男子プロはもっとSNSで発信してほしい!
自身監修ワインばり?よみがえった熟成の技・藤田寛之が4位浮上
さすがジャンボ! 小平智への粋な贈り物