14日放送の「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)で、元芸能記者・藤谷英志氏が、女優に死を覚悟させた記事を明かした。

番組では「ギョーカイの裏側 明かしますSP」で、週刊誌「フライデー」「週刊現代」の芸能記者歴20年の藤谷氏が、ある女優のスクープ記事の裏話を語った。その記事は、女優のマンションに当時大人気の音楽グループメンバーが通っていたというもの。

すると掲載後、まだ携帯電話が普及しておらず、女優が自ら藤谷氏の会社に電話をかけ、「私、この記事のせいで死ななきゃいけない。これから私、自殺します」と告げてきたというのだ。

そこで藤谷氏は女優のマンションに出向き、1階エントランスのソファーで話を聞く。女優はある有名な演出家と不倫関係にある愛人で、マンションも演出家にあてがわれていたとわかる。

しかし記事によって、若い男性を連れ込んでいることがバレ、女優は「マンションを追い出されそう」「その人に、にらまれると仕事がなくなる」「この世界で生きていけないので死ぬ」と恨みをぶつけてきたとか。

結局、藤谷氏が「不倫だったら、これを機に精算したら?」と、なだめ事なきを得たというが、この話にスタジオからは驚きの声があがった。

藤谷氏によると、その女優は当時30代前半で「色っぽい感じ」。多くのドラマや映画に出演する人気ぶりだったが、その後は露出の機会が減り、「あまりテレビとかに出なくなった」そうだ。

【関連記事】
浅田真央の会見でNHKスタッフが発した質問に皮肉「そのために受信料払ってる」
東京03・豊本明長の不倫相手に長谷川まさ子氏が驚き「商魂たくましい」
宮根誠司氏が謝罪を繰り返す女性記者をフォロー「僕らも知らない」