浦和10番が「意外な組み合わせ」で会食 対戦間近の“調子乗り世代”DF、もう1人はバルセロナの…

写真拡大

柏木が自身のブログで、FC東京の太田と石塚氏と食事をしたと報告

 浦和レッズの背番号10を付けるMF柏木陽介が、15日に自身の公式ブログを更新し、「意外な組み合わせ」による3人で食事をしたことを明かした。

 1人は同じ1987年生まれのFC東京DF太田宏介。これまで同じクラブでプレーした経験はないが、U-20日本代表の一員として2007年のU-20カナダ・ワールドカップにともに参戦した。“調子乗り世代”と呼ばれたチームの一員としてベスト16進出に貢献。「20歳くらいから、よく遊ぶようになったなー。ほんまにおもろくて、ええ奴」と記している通り、世界を相手に共闘したこの頃から親交を深めたようだ。

 その後はお互いに日本代表も経験し、29歳となった現在は浦和、FC東京という人気クラブで主力を担う。16日には味の素スタジアムで激突する両者。勝ち点13で2位の浦和と同10で7位のFC東京の対決となるだけに、ともに負けられない一戦となる。柏木も「明日は敵やけど、絶対勝つぞー!」と、アウェーでの勝利を誓っていた。

 そしてもう1人は、かつてヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)でその名を轟かせたJリーガーの大先輩であり、引退後の活動も話題を集める石塚啓次氏だった。柏木が「サッカー界一の問題児と言われてた」と記した石塚氏は、1993年に山城高校から鳴り物入りでV川崎に加入。スター軍団の中で徐々に頭角を現し、翌94年から出場機会をつかんでインパクトを残すプレーを見せたが、同様にピッチ外での言動が物議を醸すこともあった。

 引退後はアパレルブランドを立ち上げるなど、“セカンドキャリア”で成功を手にした人物としても取り上げられる。そんな石塚氏と柏木が出会ったのは、同氏が2014年からバルセロナで開くうどん店だったという。

「男として生き方がカッコええな」

「新婚旅行のバルセロナで石塚さんのうどん屋さんに食べに行ったのをきっかけに仲良くなって、2回目」と振り返った柏木は、一回り以上も年上の石塚氏を「ほんまに気さくでええ人」としている。また、「サッカー以外でうどん屋やりながら、また洋服もやってて、男として生き方がカッコええな」と、その人柄にすっかり魅了されているようだ。

 自身が「意外」とした3人の組み合わせでの食事は、柏木にとっても有意義な時間になった様子。「色んなチームの選手と色んな年代の人と仲良くできるってサッカーの魅力のひとつ」と、今後の戦いに向けて気持ちを新たにしていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images