久保、チームを勝利に導くJ初ゴールに喜び「素直にうれしいです」

写真拡大

 2017明治安田生命J3リーグ第5節が15日に行われ、FC東京U−23とセレッソ大阪U−23が対戦した。

 FC東京U−23は38分、久保建英が左サイドからドリブルで持ち込みシュートを放つと、これが決まって先制に成功する。その後はFC東京U−23が相手の攻撃を守り切り、1−0の完封勝利を収めた。また、この結果により久保はJリーグ最年少得点記録を15歳10カ月11日に更新している。

 試合後、ゴールを決めた久保がインタビューに応じている。

 久保はJ初ゴールとなった先制点について、「素直にうれしいです。先発で何度も使われて目に見えた結果を残せていなかったので、決められたことで気持ちが楽になりました」と話し、初得点の喜びを語った。

 また、同選手は試合を振り返り、「最初は押され気味だったが、途中からフリーでボールを受けられるようになったことで得点につながった」とコメントしている。