▽15日、明治安田生命J3リーグ第5節の2試合が行われた。

▽セレッソ大阪U-23vsFC東京U-23は、FC東京U-23が0-1で勝利した。

▽J1勢のU-23チーム同士の対戦となった一戦は、U-20日本代表FW久保建英が魅せる。

▽0-0で迎えた38分、ボックス左でボールを持った久保は、3人のDFに囲まれながらもドリブル突破。そのままボックス内に侵入すると、そのまま左足一閃。クロスバーに当たったボールが右ポストを叩いてネットを揺らし、FC東京U-23が先制した。

▽2004年に当時東京ヴェルディに所属していたFW森本貴幸(現川崎フロンターレ)が記録した、15歳11カ月28日が最年少ゴール記録を15歳10カ月11日に塗り替えた久保の1点を守りきり、FC東京U-23が0-1でC大阪U-23を下した。

▽もう1試合のガンバ大阪U-23vsAC長野パルセイロの一戦は、長野が0-2で勝利した。

▽長野は開始50秒、シュートの跳ね返りをボックス内で佐藤が落ち着いて流し込み、早々に先制する。今シーズン未だノーゴールのG大阪U-23は積極的に攻勢に出るも、GK阿部の前にゴールを奪うことができない。

▽すると40分、長野はFKを獲得。東のクロスをDFが触ると、大島と競り合ったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールで失点。後半も長野が試合の主導権を握り続け、タイムアップ。長野が0-2で勝利。G大阪U-23は未だノーゴールで、5連敗となった。

ガンバ大阪U-23 0-2 AC長野パルセイロ

【長野】

佐藤悠希(前1)

OG(前40)

セレッソ大阪U-23 0-1 FC東京U-23

【FC東京】

久保建英(前38)