photo by GerDukes( CC0 Public Domain )

写真拡大

 最近はメキシコ産のアボカドの日本での消費が伸びている。この数年で、その消費量は2倍に伸びているという。ただ、日本でアボカドの輸入が開始されたのは、米国でアボカドの消費が伸びてからである。

 その米国だが、実はアボカドの輸入を過去83年間禁止していた時代があった。その理由は害虫の付着を警戒したからである。2007年に米国の全州で輸入が解禁となったが、特にカリフォルニア州はこの解禁に最後まで反対していた。その理由は2つある。アボカドに付着する可能性のある害虫がカリフォルニアで栽培されているアボカドやオレンジなどに感染することを恐れたのと、メキシコから安価なアボカドが大量に輸入されれば、カリフォルニアのアボカドの生産業者は苦戦を強いられるからであった。

 トランプ大統領が当時の大統領であれば、解禁していなかったかもしれない。しかし、米国でのメキシコ産のアボカドの浸透を手助けしたのは米国に在住している3500万人のメキシコ移民である。彼らは米国市場にアボカドで作るクリーム状のソースを紹介した。グアカモーレ(Guacamole)と呼ばれるものである。これを色々な料理にソースのようにして使用できるのである。

 解禁となって以来僅か10年ではあるが、3年ほど前からアメリカン・フットボールの優勝決定戦スーパーボールにグアカモーレを関連させるようになって以来、この決勝戦が行われる1週間くらい前からアボカドの需要が急増することになっている。<決勝戦が行われるその日だけで9万5000トンのアボカドが消費される>というのである。

 それはメキシコが<2015年に世界に輸出した量のほぼ9%に相当する>そうだ。(参照:「Unvision Noticias」)

 そして、現在、メキシコはアボカドの世界生産量のほぼ34%を占め、<年間でおよそ164万トンを生産>しており、米国を筆頭に31カ国に輸出しているという。中国、日本、フランス、オランダなどが主要輸入国である。その輸出総額は20億ドル(2200億円)だという。(参照:「Animal Politoco」)

 それほどまでに急成長した「アボカド輸出」。となれば黙っていないのは、メキシコの暗部、「カルテル」である。

◆カルテルに目をつけられたアボカド輸出

 アボカドが輸出ビジネスとして成長しているのを見たカルテルは、それに介入することを決めたのであった。

 アボカドの8割が生産されているミチョアカン州の暴力組織ミチョアカン・ファミリーが主軸となってカルテル「ロス・カバリェロス・テンプラリオス」を誕生させたのである。

 彼らは2011年頃からアボカドの生産業者を恐喝し、アボカドの栽培に危害を加えない代わりにカネを要求し始めたのである。生産業者が支払うカネを少なくしようと偽って生産量を彼らに伝えて、それが偽りであると発覚した時にはアボカドの木そのものを全て焼き尽くすという暴挙を振るったのであった。

 この恐喝手段を使ってテンプラリオスはおよそ1億ドル(110億円)を稼いでいたという。

 アボカドの生産業者組合はそれを連邦警察に訴えて保護を求めていた。折りしも、その時点で麻薬カルテルとの全面戦争を展開していたフェリペ・カルデロン前大統領は<4200人の軍隊と海兵隊と連邦警察から成る1000人をミチョアカン州に送り>カルテル組織を壊滅させ、同カルテルのリーダーたちを逮捕したのであった。そして、生産業者も自衛組織を作ってカルテルから守る活動を開始した。(参照:「Infobae」)

 その結果、カルテルによるアボカド生産業者への妨害は止んだと思われたのであったが、最近またカルテルが復活して生産業者をゆすり始めていることが取りざたされるようになっているというのである。