独ベルリンの画廊で中国人アーティストの個展が開かれている。その作品を中国出身のYanwu Yuanが紹介する。

写真拡大

独ベルリンに昨年オープンした「Edmond Gallery」は中国や欧州の若い芸術家の作品を中心に取り扱っている画廊だ。現在開かれているのは中国人アーティスト斉倬(チー・ジュオ)の個展。その作品を中国出身のYanwu Yuanが紹介する。

【その他の写真】

斉倬は高校卒業後にフランス、スイスでアートを学び、現在はパリと仏中部のリモージュで生活している。今回出展した作品のタイトルは「I BURNED ANGELS」。コーティングしたぬいぐるみを1350度という高温で焼き上げ、「抜け殻」として残った磁器部分を作品として展示している。斉倬はこの作品を通して「空と実」「正と反」「原作と複写」を表現した。(翻訳・編集/野谷)

●Yanwu Yuan
1994年に南京大学・新聞学部に入学。上海市にある新聞社で勤務した後、2000年より仏パリに渡ってアートを学ぶ。現在はパリでギャラリーを経営。