激闘の日々を本に綴った吉田沙保里の母・幸代さん

写真拡大

 悲願の五輪4連覇をかけたリオ五輪女子レスリング53kg級決勝戦。惜しくも敗れた吉田沙保里選手(34才)はマットの上で号泣した。

「お父さんに怒られる、ごめんなさい! ごめんなさい!」

 この度、『負けても克つ子の育て方 泣かないで沙保里』(小学館)を上梓した母の吉田幸代さん(61才)がやさしく声をかける。泣きじゃくりながら駆け寄ってきた娘をギュッと抱きしめると、

「大丈夫、大丈夫。あなたのおかげで4度もオリンピックに来られたのよ。ここまで連れてきてくれて本当にありがとう」と言った。

 沙保里選手は元レスリング選手で2014年に他界した父・栄勝さん(享年61)に、幼い頃から厳しいレスリング指導を受けてきた。

「夫は“攻めて負けるのはいい”と言い、逆に守って勝つとすごく怒りました。リオでは負けたけど沙保里は最後まで攻めていたから、夫も“沙保里は頑張った”と褒めたと思います」(幸代さん・以下「」内同)

「霊長類最強女子」と称され、数々の偉業を達成してきた沙保里選手。そんな彼女を本当に強くしたのは、幸代さんの「負けても克つ」子育てだった。

 誰もが金メダルを疑わなかったリオ五輪。しかし幸代さんは、沙保里選手が負ける日が来ることを覚悟していたという。

「それまでは弱音を吐かなかった沙保里が、リオ五輪前は“めちゃくちゃ緊張する”“眠れない”と言っていました。どんな世界でも新旧は入れ替わっていくもの。沙保里が10年以上も世界のトップで頑張ってこられたこと自体、不思議ですから」

 それでも沙保里選手自身のショックは大きかった。

「試合の翌日、国際レスリング連盟の会食で会った時は、周りに気を使わせまいと、努めて明るく振る舞っていましたが、顔はやはり曇っていました。金メダルを獲った選手が大勢いるなかで、自分は銀メダル。ときおり、すごく寂しそうな表情をするのが私にはわかりました」

 その会食が終わり、沙保里選手が「お母さん、これメダル」と言って銀メダルを見せてくれた時、幸代さんはこう言って祝福した。

「すごくきれいな色やね。よかったね、うちにない色やから」

 すると沙保里選手も「うん、これもいい色やろ」とうなずき、それから少しずつ明るさを取り戻していったという。その後、雑誌のインタビューで沙保里選手は「『ああ、銀メダルも綺麗だな』と思った」と前向きに語り、ドラマやバラエティー番組などにも出演し、笑顔を見せることが多くなった。

 沙保里選手は3人きょうだいの末っ子として生まれた。父・栄勝さんは自宅で2人の兄にレスリングを教え、最初は見るだけだった沙保里選手も3才の頃には練習に加わるようになった。地元の子供たちも集まり始めたため、自宅の敷地に小さな道場を建てた。

「指導は厳しかったです。夫は怪我をさせないように教えるのが指導者の務めだと思っていたので、道場ではあえてピリピリした雰囲気をつくるために、竹刀を持って歩きました。試合の態度が悪い時やふざけていた時には、バチッと叩く。これは沙保里に対しても、よそのお子さんに対しても一緒。

 父母のほうから“うちの子も叩いてください”と言われていました。夫は公務員だったので指導は完全ボランティアで、試合で遠征に行く費用も全部自腹。お金がなくて食費は“1日1000円”と決め、なんとかやりくりしていました」

 沙保里選手は5才で初めてちびっこレスリング大会に出場。1回戦で男の子に負けた時のことを、幸代さんははっきり覚えているという。

「結局、その子が優勝し、金メダルを首からかけてもらっているのを見て、『あれ、欲しい』と言いました。負けず嫌いの沙保里は一生懸命頑張って練習して、翌年にはその大会で優勝。今思えば、彼女のレスリング人生は負けでスタートしていたんですね」

 練習漬けの日々が続いた。平日は毎日夕方5時から夜9時まで。休日は試合の遠征があるので、休みは大晦日と元日くらい。沙保里選手が幸代さんに「レスリングをやめたい」と漏らしたことは何度もあったという。

「私はそのたびに“お父さんに聞いてみれば”と言っていました。絶対に聞き入れられないのはわかっているので、沙保里は自分で気持ちにケリをつけていたようです」

 幸代さんも中学から短大までテニスに打ち込み、ダブルスや団体では県大会で優勝した経験もある。

「何かを身につけよう、成し遂げようと思ったら、我慢や忍耐は絶対に必要です。子供の時に覚えた我慢はきっと人生の財産になる。小さい時から人のせいにしたり、自分に言い訳をして通ってきたら、大人になって我慢などできるはずがありません」

 一方で、次男を妊娠中に原因不明の「原田病」を発症し、失明の危機に瀕した。29才の時にはがんになり闘病した。だからこそ、子供たちには「我慢の後には楽しいことがある」とも教えてきた。

「ぐすぐず泣いていても1日、明日からどう生きていこうかと考えても同じ1日です。考え方次第で、苦しみやつらさの長さは変わる。それを沙保里には伝えてきました」

※女性セブン2017年4月27日号