米空軍が公開した大規模爆風爆弾、通称「MOAB(モアブ)」の写真(撮影日・場所不明、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】アフガニスタン東部で米軍がイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の施設を標的に投下した最強爆弾により死亡したIS戦闘員の数は、14日の発表から3倍近く増えて少なくとも90人に達していると、アフガニスタン当局が15日、発表した。

 ナンガルハル(Nangarhar)州アチン(Achin)地区のイスマイル・シンワリ(Esmail Shinwari)知事は「少なくとも92人のダーイシュ(Daesh、ISのアラビア語名の略称)戦闘員が死亡した」とAFPに述べた。また同州政府の報道官は死者数を90人としている。

 またシンワリ知事は、この爆弾によるアフガニスタン軍と民間人の犠牲者は出ていないと強調している。

 アフガニスタン当局は14日、米軍が投下した大規模爆風爆弾(GBU-43/B Massive Ordnance Air Blast)、通称「MOAB(モアブ)」または「すべての爆弾の母(Mother Of All Bombs)」によるIS戦闘員の死者数を36人と発表していた。
【翻訳編集】AFPBB News