久保建英がJ初ゴール! Jリーグ最年少得点記録を15歳10カ月11日に更新

写真拡大

 FC東京U−23のMF久保建英が、15日に行われた2017明治安田生命J3リーグ第5節のセレッソ大阪U−23戦でJリーグ最年少ゴール記録を更新した。

 3月10日に2種登録選手としてFC東京のトップチームに登録されたばかりの久保は、同月12日に行われたJ3開幕戦でいきなりの先発出場。4試合目の出場となった第5節・C大阪U−23戦でもスターティングメンバーに名を連ねると、38分にゴールを挙げ、Jリーグ初得点をマークした。

 これにより、久保はFW森本貴幸が持っていたJリーグ最年少ゴール記録(15歳11カ月28日)を15歳10カ月11日に更新している。