FW久保建英がJリーグ史上最年少得点記録を更新した

写真拡大

 J3第5節が15日に行われ、ヤンマースタジアム長居ではセレッソ大阪U-23とFC東京U-23が対戦。先発出場したFW久保建英が前半38分に左足でゴールを決め、15歳10か月11日でJリーグ史上最年少得点記録を更新した。

 2試合連続でスタメン出場した久保は前半38分、ドリブルで複数のDFを抜いてPA内左へ持ち込み、角度のない位置から左足で強烈なシュート。クロスバーと右ポストを叩いたボールがネットを揺らした。これにより、2004年にFW森本貴幸(現川崎F)が当時J1の東京V時代に記録した15歳11か月28日を抜き、15歳10か月11日でのJリーグ最年少ゴールとなった。14時キックオフの試合は現在、FC東京U-23が1-0でリードしている。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J3]第5節1日目 スコア速報