ついにJリーグ初ゴールをマークした久保。15歳10か月11日での初ゴールとなった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ついに久保建英にJリーグ初ゴールが生まれた。

 J3リーグ第5節のセレッソ大阪U-23対FC東京U-23が4月15日、ヤンマースタジアム長居で行なわれ、久保建英がJリーグ最年少得点記録となる先制ゴールを挙げた。

 38分、ペナルティエリア内でボールを保持し前を向いた久保。DF3人に囲まれながらも、単独で持ち込んで、敵の包囲網を破ると、左足を一閃。強烈なシュートがGKの頭上を破り、クロスバーを叩いてゴールに吸い込まれた。

【動画】久保建英がスーパーゴールを突き刺す!J最年少得点記録弾は度肝を抜く一撃

 FC東京U-23に先制点をもたらすとともに、これが森本貴幸(川崎)が持っていたJリーグ最年少得点記録を塗り替える15歳10か月11日でのゴールとなった。

 久保はその後も、積極的にミドルシュートを放つなどアグレッシブなプレーを披露。天才がさらなる覚醒の時を迎えるのか、注目されるところだ。