14日、韓国・聯合ニュースによると、トランプ米大統領の圧力に対し、北朝鮮外務省次官が、抗戦の意志を明らかにした。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

写真拡大

2017年4月14日、韓国・聯合ニュースによると、トランプ米大統領の圧力に対し、北朝鮮外務省次官が、抗戦の意志を明らかにした。

北朝鮮外務省の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官は14日、外信のインタビューに「米国が選択するなら、戦争をする」とし、「米国の無謀な軍事作戦に先制攻撃で対応する」と強硬な発言を行った。また「最高指導部が決心した時、核実験をする」と述べた。

トランプ政権は、「すべての選択肢がテーブルの上にある」「中国が協力を決断しなければ、我々は独力で問題を解決する」などの言葉と、原子力空母カールビンソンを朝鮮半島近海に展開するなど、強硬なメッセージを出し続けているが、記事は「韓外務次官の発言は、これ(トランプ政権のメッセージ)を受け取ったことを示した」と述べている。

ソウル大学統一平和研究院の関係者は「北朝鮮の中・長距離ミサイル発射には技術的な難しさがある中で、最も強いカードとなる核実験をちらつかせている状況」とし、実際に核実験を断行する可能性と、見せかけだけの側面の可能性が共存した状況と判断している。

また、ある外交筋は「とにかく、北朝鮮は、(韓外務次官の発言によって)任意の時刻、任意の場所で核実験をするという立場を明らかにしたので、挑発の『息抜き(休憩)』をする可能性もあると思う」と予想した。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「北朝鮮がこうなった責任は、韓国の前政権にもある」「次期大統領選で親北の大統領が誕生したら、北朝鮮はさらに核とミサイルの開発を加速させるだろう」「米国と協力して北朝鮮に圧力をかけることができる大統領を選ばねばならない」「北朝鮮がこうなったのは金大中(キム・デジュン)政権からだ」など、韓国の政権に関連した声が多く寄せられた。

また、「常識が通じない者同士がいがみ合ったら、力が強い方が勝つ」「実際に戦争になると思っていたら、外務省次官ものんきにインタビューに応じないと思う」「こんな状況で核実験はしないと思う」など、米朝開戦の可能性に関連した意見も多かった。(翻訳・編集/三田)