2017年4月6日に発表された、スバルの新型SUBARU XV。発売開始は5月24日となっていますが、一足先にクローズドコースで試乗することができました。

今回のイベントでは、新旧の2.0リッター車、新型XVに新設された1.6リッター車など乗り比べるという、またとない機会に恵まれました。雪と泥が混じったオフロードやドライ路面ながら荒れ気味の舗装林道といったシチュエーションで、SUVらしい走りや乗り心地、ハンドリングの一端を感じることができたのです。

中でも新型スバルXVに新設定されたグレード「1.6i-L EyeSight」は注目です。「スポカジ」をコンセプトに進化したスバルXVの世界観を、できるだけ手頃な価格で提供したいという開発陣の願いが込められたグレードで、メーカー希望小売価格は224万6400円(消費税込み)。2.0リッター車が248万4000円からのプライスゾーンととなっていますから、ずいぶんと購入のハードルが下がった気がします。それでいて、エンジン以外の装備(内外装や駆動系、もちろんEyeSightやエアバッグなどの安全装備も!)には差がついていないのも嬉しいポイントです。

試乗の順番としては2.0リッター車の前に1.6リッターに乗ることにしました。比較するとパワー感に劣ってしまうのは当然ですから、ベーシックなスバルXVという位置付けで試乗することにしたのです。

まず、意外だったのは出足に不満を感じないこと。最大トルクは148Nmにとどまる1.6リッターエンジンですから1.4tの車重を引っ張ったり、大径タイヤを回したりするのに余裕がないかと想像していましたが、まったく問題ありません。その理由のひとつは、最終減速比の設定。2.0リッター車の3.900に対して4.111とローギアード化されています。ただし、そうした影響もあって燃費性能は1.6リッターのほうが2.0リッターに劣るという珍しいスペックになっています。(1.6リッター:16.2km/L、2.0リッター:16.0~16.4km/L)

発進加速のイメージのまま余裕を持って加速していくのですが、いったん速度が上がった状態からアクセルオフで減速、ふたたびアクセルを踏んでいくといったシーンでは小排気量ゆえのトルクの細さというネガが顔を出します。具体的には、障害物を避けようとアクセルオフからステアリング操作を行ない、もとの速度に戻そうと、アクセルを少しだけ踏み足すような操作をしたときの再加速に元気を感じないのです。

これがインプレッサ1.6のような実用車であれば、まったく不満がないといえる性能なのですが、新しいボディカラーとして用意された「クールグレーカーキ」や「サンシャインオレンジ」が想起させるアクティビティからすると力不足を感じてしまうのです。付加価値商品という位置付けのSUVとしてのプラスアルファ感には少々欠けるパワートレインといえるでしょうか。

装備面で1.6リッター車と2.0リッター車の差は最小限ですが、ステアリング部のスイッチ操作でパワートレインのキャラクターを変身させる「SIドライブ」は2.0リッター車だけの装備。もし、1.6リッターエンジンにもSIドライブが備わり、シチュエーションによって「Sモード」を任意に選ぶことができれば、SUVらしい走りを感じることができるかもしれません。

なお、アクセルを全開にすれば性能をフルに引き出した走りができますから、ここで指摘しているのはアクセルをちょっと踏んだときのトルク感の話。逆いえば、そのくらいしか排気量の小ささを感じることがない仕上がりとなっているのが、新型スバルXVの1.6リッター車なのです。

●SUBARU XV 1.6i-L アイサイト主要スペック
車両型式:DBA-GT3
全長:4465mm
全幅:1800mm
全高:1550mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1410kg
乗車定員:5名
エンジン型式:FB16
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC
総排気量:1599cc
最高出力:85kW(115PS)/6200rpm
最大トルク:148Nm(15.1kg-m)/3600rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:16.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:225/60R17
メーカー希望小売価格(税込):224万6400円

(写真:門真 俊/SUBARU 文:山本晋也)

【関連記事】

新型スバルXVの走りは「X-MODE」も加わってインプレッサとどう違う?
https://clicccar.com/2017/04/11/462351/

AWDのSUBARUがリリースした新型スバルXVに搭載される「X-MODE」って何?
https://clicccar.com/2017/04/11/462420/

新生SUBARUの初ニューモデル「XV」を発表。1.6リッターも用意、価格は税抜198万円から
https://clicccar.com/2017/04/06/460776/

JNCAPで過去最高得点を獲得!新型SUBARU XVの安全性能は史上最高レベル
https://clicccar.com/2017/04/09/461533/

【新型スバルXV試乗】フルモデルチェンジで設定された1.6リッターで走りは十分か?(http://clicccar.com/2017/04/15/463338/)