ゲスト声優を務めた吉岡里帆

写真拡大

 女優の吉岡里帆が15日、都内で行われた映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』の初日舞台あいさつに登壇。ゲスト声優を務めた吉岡は、主題歌を担当する倉木麻衣の生歌をラグジュアリーシートで堪能すると「胸がいっぱいになって泣きそうになりました」と感激を口にしていた。本舞台あいさつには吉岡、倉木のほか、コナン役の高山みなみ、毛利小五郎役の小山力也、服部平次役の堀川りょう、遠山和葉役の宮村優子、ゲスト声優の宮川大輔も出席した。

 「名探偵コナン」と21回目のコラボで、同一アニメでの最多主題歌担当としてギネスブックにも申請されている倉木は「今日は、和葉ちゃんと平次くんとの特別な日ということで、(二人が登場する)『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』の主題歌『Time after time 〜花舞う街で〜』と、本作の主題歌『渡月橋 〜君 想ふ〜』を歌いたいと思います」と生歌を披露することを告げると、コナンファンの間でも人気の高い作品の主題歌が聴けるということで会場からは大歓声が上がった。

 客席いっぱいに“から紅”のサイリウムが振られるなか、倉木は情緒たっぷりに2曲を歌い上げると「わたしも初日舞台あいさつで歌うのは初めてでした。コナンファンのみなさんと熱く会場を盛り上げることができて嬉しかったです」と感想を述べた。

 倉木の歌声を聴いていた吉岡は「たまらないです。『名探偵コナン』は、音楽もすごい見どころで、生で聴けると異空間に連れていってもらえる感じがします」と感激した様子を見せると、宮川も「倉木さんの声って聴いていると心震えて、胸いっぱいで泣きそうになりました」と興奮した表情で語っていた。

 本作は、青山剛昌の人気コミックをアニメ化した「名探偵コナン」の劇場版第21弾。テレビ局で起きた爆破事件を、西の名探偵・服部平次と東の名探偵・江戸川コナンがタッグを組んで解決に導く姿を描く。(磯部正和)

映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は全国公開中