前半で1ストローク落とし順位を下げたイ・ボミ(撮影:村上航)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 2日目◇15日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>
熊本県の熊本空港カントリークラブで行われている「KKT杯バンテリンレディスオープン」の第2ラウンド。全選手がハーフターンし、地元出身の上田桃子がトータル3アンダーで単独首位をキープしている。
桃子が、ボミが華麗に舞う!2日目のLIVE写真はこちら!
おはようバーディで好スタートを切った上田は、初日と同じく4番でもバーディを奪取。7番から2連続ボギーでスコアを戻すも、トーナメントリーダーの座を譲ることなくバックナインに突入する。
2打差2位タイに熊本勢の永峰咲希、永井花奈、西山ゆかり、山城奈々、平野ジェニファー、3打差7位タイに熊本出身の一ノ瀬優希、松森彩夏、葭葉ルミらが追走している。
ツアー復帰戦のイ・ボミ(韓国)はスコアを1つ落とし、トータル1オーバー13位タイに後退。また、前回大会の覇者・菊地絵理香は3番終了後に腰痛のため棄権している。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

まだまだ写真が見たい…という方は女子プロ写真館でどうぞ!
「“地元の力”が後押ししてくれた」上田桃子が火の国沸かす首位発進!
一昨年の覇者・菊地絵理香が腰痛のため棄権
「何かしたい」女子プロの思いが形になった復興祈念じゃんけん大会
蛭田みな美が“超過クラブ”で4罰打…ハーフターンで気づき自己申告