試乗最大のクルママツリと題して、4月30日に富士スピードウェイで開催される「モーターファンフェスタ2017in富士スピードウェイ」。

すでにたくさんのイベント情報が発信されていますが、また新しいイベントが追加されました。それが、「モビリタ・スペシャルエクスペリエンスfor モーターファン」です。

これは富士スピードウェイ内にある、トヨタ・交通安全センター「モビリタ」で開催されるイベントで、安全で正しいドライビングのための体験型スペシャルカリキュラムとなっています。

トヨタ・交通安全センター「モビリタ」はドライバーのみならず、交通社会を構成するすべての人々の安全意識向上に寄与する目的で2005年4月にオープンした施設です。国内最大級の10万平方メートルのフラットコースをはじめ、35度バンク、低μ路をもつ専用コースで、多用な安全運転実技講習を実施できる施設を備えています。

今回の「モビリタ・スペシャルエクスペリエンスfor モーターファン」ではこの施設を使用して、安全運転に必要なスキルと最新の安全装備の役割を体感することができます。

午前中は「Passenger Experience」という同乗体験を行います。インストラクターが運転するクルマの助手席に乗って、バンク走行や高速フルブレーキング、低ミュー路走行、ABSとVSCという2つの安全装置の動作のオン・オフを体験できます。

およそ10分間のプログラムとなっていますが、インストラクターの運転するクルマが普段自分の運転しているクルマとは全く異なる動きを体感できるはずです。

午後は「Driving Experience」というイベントで、今実際に自分が運転し、助手席のインストラクターからレクチャーを受けながら、ABSとVSCオン・オフそしてスラロームを行います。15分というメニューですが、普段なかなか気づかない運転のクセなどがわかる良い機会といえるでしょう。

受付方法ですが、午前のPassenger Experienceは、パドックオープンする午前8:00〜10:00まで、Aパドックにあるインフォメーションブースにて受付します。先着120名様が受講できます。

そして午後のDriving Experienceは抽選で24名が受講できます。Driving Experienceはモーターファンフェスタ公式サイトの応募フォームから申し込みできます。

もちろん受講料は無料。午後の Driving Experienceはわずか24人しか受けることのできない貴重なイベントです。ぜひ、応募してください。

(萩原文博)

【関連リンク】

モビリタ・スペシャルエクスペリエンス
for モーターファン Driving Experience(試乗体験)応募フォーム
questant.jp/q/mobilitas_motorfanfesta

モーターファンフェスタ公式サイト
http://motorfanfesta.com

安全装備の重要性がわかるスペシャルな講習会をモビリタで実施!【モーターファンフェスタin富士スピードウェイ】(http://clicccar.com/2017/04/15/463180/)