32歳の歌手ケイティ・ペリーが、ファッション誌「ヴォーグ」のインタビューに答えた。

ケイティは同誌の5月号の表紙を飾っており、30代になったことについて、「居場所が良いわね」「気に入っているわ!」とコメント。20代に戻りたいとは思わず、今の方がより落ち着いているそうだ。さらに「私はたくさんのことを学んだの。我慢、断る術、すべて(の恋愛で)結婚することになる必要はないこと。今からでも教養を身につけることはできることをね」と語った。

さらに「でも、私はすごく野心と決意があったわ。それがあったから、私は進んで来ることができたの。ロケットが私を乗せてくれていたけど、今は私がロケットに乗っているわ」と話していて、2010年のヒット曲「Teenage Dream」以来忙しい日々を過ごしていたが、ようやく自分のペースで進むことができているようだ。

ケイティは2010年10月にコメディー俳優のラッセル・ブランドと結婚するが、2011年12月にラッセルが離婚を申請。その後歌手のジョン・メイヤーと交際をスタートし、復縁と破局を繰り返していた。また、昨年1月から俳優のオーランド・ブルームと交際をスタートしたが、今年2月に破局している。

「ヴォーグ」誌の表紙を飾ったケイティ・ペリー twitterより