故障者/神戸=レアンドロ、田中英、小川 柏=R・ロペス、ユン・ソギョン、武富、古賀
出場停止/神戸=なし 柏=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第7節
ヴィッセル神戸-柏レイソル
4月16日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸
 
ヴィッセル神戸
今季成績(6節終了時):1位 勝点15 5勝0分1敗 9得点・4失点
 
【最新チーム事情】
●前節の大宮戦で、MF中坂が2試合連続ゴール。
●12日に行なわれた横浜とのルヴァン杯は2-0で勝利。
●U-20日本代表候補トレーニングキャンプにDF藤谷が選出。

【担当記者の視点】
 先発には2-0で勝利した前節の大宮戦と同じ顔ぶれが並びそうだ。なかでも注目は、大宮戦で2試合連続ゴールを挙げた19歳の中坂。ここ2試合のパフォーマンスで一気に信頼を勝ち取った若きアタッカーは、攻撃に勢いをもたらすうえで重要な存在になりつつある。果たして、得意のドリブルやパスで再び躍動感を放てるか。

 同じアタッカーでは、12日のルヴァン杯で追加点を奪った小林も好調を維持。状況に応じて的確な判断を選択し、まずまずのプレーを見せている。大宮戦に続き、2トップの一角で先発が有力な23歳の奮起にも期待したい。
J1リーグ7節
ヴィッセル神戸-柏レイソル
4月16日(日)/16:00/ノエビアスタジアム神戸

柏レイソル
今季成績(6節終了時):15位 勝点6 2勝0分4敗 7得点・9失点

【最新チーム事情】
●12日に開催されたルヴァンカップ・グループステージ2節の大宮戦はスコアレスドロー。
●得点力不足解消のため、攻撃陣のみならず大谷ら中盤の選手も居残りでシュート練習に励んだ。
●ユン・ソギョン、武富、古賀が部分合流、R・ロペスも屋外練習を開始した。早ければ来週にも怪我人は戦列に復帰する予定。

【担当記者の視点】
 前節の清水戦に続き、ルヴァンカップの大宮戦でも無得点。いずれの試合も相手より多くのシュートを放ったがネットを揺らせなかった。

爛粥璽觀臻馨鼻蹐慮彊は得点源であるクリスティアーノとD・オリヴェイラの不調。今季はふたり合わせても、PKによる3得点のみと不振に喘いでいる。

 助っ人ふたりだけでなく、チームとしてサイドアタック以外に形を作れていない点も課題だ。とはいえ狙いは見られ、牋貳″が出れば調子は上向いていくはず。リーグ最少失点で首位に立つ神戸から勝利をもぎ取ることで、悪い流れを払拭したい。