イタリアのスーパーカーブランドであるランボルギーニ。V10モデルのウラカンが歴史的な売り上げとなり、2016年は合計3457台という同社史上最高の販売台数を記録しました。そしてセールスが好調の中、ランボルギーニのフラッグシップモデルであるアヴェンタドールSが2017年4月14日、日本に導入されました。

アヴェンタドールSは2011年より導入されているランボルギーニ・アヴェンタドールの進化モデルで、Sはランボルギーニ歴代の進化形モデルに共通する接頭語です。

新たな空力デザインをはじめ、四輪ステアリングシステムなどを一新したサスペンション。パワーアップしたエンジンそして新ドライビング・ダイナミクスが特徴で、V12気筒エンジンを搭載したランボルギーニの新しいベンチマークとなる存在です。

アヴェンタドールSは、カウンタックのオリジナルモデルを彷彿させるリアホイールのアーチラインをはじめとしたサイドデザインは大きく変わっていませんが、フロントとリアのエクステリアデザインは空力性能を向上させるため、大きく変更されています。

フロントはより攻撃的になったノーズと長さを増したフロントスプリッターがポイントで、リアは大型化されたブラックのディフューザーが特徴です。デザインを一新したことで、従来のアヴェンタドールに比べて、ダウンフォースはフロントで130%、ウィングが最適位置にある状態では高ダウンフォースでの全体効率が50%増加、抵抗力での全体効率が400%以上も増加しています。

シリンダー休止システムが搭載されている6.5LV12DOHCエンジンは最高出力740ps、最大トルク690Nmにパワーアップされ、最高速度350km/h以上。0-100km/h加速2.9秒という圧倒的なパフォーマンスを発揮します。

アヴェンタドールSは最高のドライバビリティ、乗り心地およびパフォーマンスを目指して、新四輪ステアリングシステムをランボルギーニの生産車として初採用しました。新システムは横方向の制御を向上させたことで、低速および中速時での俊敏性が高まるとともに、高速時の安定性が増しています。

装着するタイヤは新たに特別開発されたピレリP Zero。サイズはフロントが255/30ZR20、リアが355/25ZR21となっています。ブレーキシステムはカーボンセラミック製のブレーキを標準装備し、ブレーキ性能が向上しています。

新TFTデジタルダッシュボードの採用。そしてアップルカープレイも標準装備されエンターテイメント性が高まったアヴェンタドールS。気になる車両本体価格は4490万4433円となっています。

(萩原文博)

 

 

スーパーカーの新しいベンチマークはV12! ランボルギーニ・アヴェンタドールSが価格4490万4433円で販売開始(http://clicccar.com/2017/04/15/463605/)