累計ダウンロード数2,400万という超人気マンガアプリのNo.1作品『ReLIFE リライフ』の映画化に出演する、主人公・海崎新太を演じた中川大志さん&謎の男・夜明了を演じた千葉雄大さんのインタビュー後半戦!


出典:Nosh

前半では、演じた役柄との共通点や、「人見知り」打開策について語っていただきました。

後半では、劇中で一番思い出深かった青春シーンのこと、さらには意外にも年の差10歳という二人のジェネレーションギャップについて、インタビューを行ってまいりました!


出典: (c)「ReLIFE」製作委員会(c)夜宵草/comico

Q:映画の中では「ザ・青春」というようなキラキラした場面がたくさん出てきますが、特に思い出深いシーンはありますか?

千葉雄大(以下、千葉):撮影中、一番青春っぽかったのは、生徒だけで計画して修学旅行に行くところですかね。遊園地とか、いろいろ行くんですけど。

中川大志(以下、中川):そうですね!楽しかったですね。

千葉:その場面はセリフもなかったから、超自由でした。

Q:マザー牧場でのはしゃぎ方は、羨ましくなるほどでした。

中川:本当に楽しかったです。普通に遊んでいただけでした(笑)。


出典: (c)「ReLIFE」製作委員会(c)夜宵草/comico

Q:千葉さんの制服姿は、何の違和感もないですしね。

千葉:よく言われます。……って、そんなことないですよ(笑)。

今「制服着て」って言われたら結構ハッとしちゃいますから。現場だと平気なんですけどね。


出典:Nosh

Q:映画の中では、MDが見つかったりするところでジェネレーションギャップを感じるようなシーンがありました。お二人は実は10歳離れているんですよね。普段、ジェネレーションギャップを感じるときはありますか?

中川:ジェネレーションギャップですか?

千葉:えっ、ある!?

中川:実は、たまにあります。昔の音楽やテレビ番組とかで「えっ、知らないの!?」みたいな。

千葉:バラエティ番組だと、中川くんは『はねトび』とかでしょう?僕は『笑う犬』だから。

中川:そうそう。そういう話、結構ありますね。あと、体力!

千葉:嘘でしょ(笑)?

中川:はい、冗談です(笑)。10年って、絶妙ですよね。

でも、僕は千葉くんも含めて、ちょっと大人の人とお仕事をしたりして一緒にいる機会が多いので、そこまでは、あまりないかもしれないです。


出典:Nosh

Q:楽しいお話をありがとうございました。最後に、Nosh読者にメッセージをお願いします。

中川:僕より少し上の社会人のOLさんとかですよね。

それこそ、27歳の海崎の目線で観てくださると思うので、高校生の頃を思い出して「高校生活って、こんなにも懐かしくて戻りたいなって思うような時間だったな」と浸ってもらえるような気がします。

『ReLIFE リライフ』は戻るお話ですが、内容的には未来に向かっていくので、背中を押してくれるような映画になっています。

千葉:シュールなものが面白いという風潮がすごくある気がするんですけど、その中で『ReLIFE リライフ』が言いたいことは、「今を生きる」というすごくシンプルなことです。

どの世代にも刺さるものだと思います。今、働いていらっしゃる女性たちも、高校のときのキラキラを思い出して、自分の生活を顧みて、同じくらいの情熱で別のものに向けられたらもっとうまくいく、一歩踏み出せるんじゃないかと思います。

世代を超えて共通するテーマなので、ぜひ観ていただきたいです。(取材・文:赤山恭子、写真:山口真由子)


出典:Nosh

映画『ReLIFE リライフ』は4月15日より全国ロードショーです!