『四月は君の嘘』、『きょうのキラ君』と話題作に引っ張りだこの中川大志さんと、ご存じ、イケメン兼ヌクメンとして、長きに渡り女子の心を捉え続けている千葉雄大さん。



出典:Nosh

二人の3回目となる共演作『ReLIFE リライフ』が、いよいよ公開されます。

就職した会社で挫折し、ニートになってしまった27歳の主人公・海崎新太(中川さん)が、リライフ研究所職員の夜明了(千葉さん)に「1年間の高校生活を送る」という社会復帰プログラムを提案され、17歳をやり直すというファンタジックな物語。

オフでも仲良しな中川さんと千葉さんに、作品についてのエピソードなど、あれやこれや語っていただきました♡


出典: (c)「ReLIFE」製作委員会(c)夜宵草/comico

Q:それぞれ、演じた海崎と夜明というキャラクターを紹介していただけますか?

中川大志(以下、中川):はい。海崎は会社をクビになってしまったニートの27歳です。

ある日、突然高校生になるという社会復帰プログラム「リライフ」を夜明さんから持ちかけられて、17歳の高校生をやり直します。

僕は、いつも学生役だったので等身大で演じることが多かったんですけど、今回は27歳なので、とにかく自分にしみ込んでいる学生としての感覚を排除していきました。

千葉雄大(以下、千葉):そんな海崎に「リライフ」を持ちかけるのが、僕の演じた夜明です。

人との距離が一定にあるので、一見、人間的な部分が見えない人物なんですが、夜明自身も27歳として悩んでいるところがあって。

海崎くんがいろいろな人と出会って変わっていく姿を見て、自分にも変化が生まれていきます。



出典:Nosh

Q:海崎は気持ちが表に出るようなわかりやすいタイプですが、中川さんと似ているところはありますか?

中川:僕は海崎に似ていると思います。なので、すごいスッと入りました。

僕自身も、人に何かをやってもらうよりも、何かをしてあげたいほうなんです。

千葉:(笑)。

中川:何で笑っているんですか(笑)?本当ですよ(笑)。

友達とかには本当にそうだから、すごくわかります。



出典:Nosh

Q:ちなみに、劇中では平祐奈さん演じる日代千鶴にバレバレの恋をしますが、中川さん自身も「わかりやすい」と言われるほうですか?

中川:はい、そうですね。わかりやすいと思います。単純です。

Q:千葉さんは海崎をサポートする立場でしたが、千葉さんご本人だったら、どうサポートをしますか?

千葉:僕だったら……、えー!

海崎は何事も積極的にやっていくタイプの人物なので、それで出来事が起こったりもするんですけど、総じてその行動がよかったりもするので、特に……ないですねえ。

中川:そうですね。海崎自身が、どんどん周りのみんなに入っていって行動を起こすんですよね。

何かがあると放っておけないという性格なんです。だからこそ「リライフ」の実験に選ばれたのかな、と思いました。

千葉:逆に、僕自身が刺激をもらうことのほうが多かったです。

僕は割と事なかれ主義というか、波風を立てるよりは(何もしないほうがいい)と思って後悔することもあるので。そこを打開していく海崎は、すごくいいなと思いました。


出典: (c)「ReLIFE」製作委員会(c)夜宵草/comico

Q:積極的な海崎がいる一方、日代さんは人と話をしたり友達をつくるのが苦手ですが、実際にそういう人に声をかけるとしたら、何とアドバイスしますか?

中川:実は、僕も結構人見知りで、なかなか自分から行けないんです。

ただ、僕は来る者拒まずみたいなところがあるので(笑)、来てくれるとすごく一気にオープンになれるんですけど、なかなか自分からは踏み出せない……。

だから、待つのもひとつの手ですけど、自分から打開したいなら、共通の趣味とか話題とかを見つけてネタにするのはどうでしょうか!?

千葉:わかる、わかる。僕は音楽がすごく好きなので、音楽を共通にして友達とかができたりしたかなあ?

実は僕も自分から行くのがすごい苦手なんですけど、いろいろな人と話すのは大事だな、とは思います。

待っているだけでは、なかなか変わらないこともありますからね。(取材・文:赤山恭子、写真:山口真由子)


出典:Nosh

前半のインタビューはここまで!

後半では、年の差10歳の二人のジェネレーションギャップについて、劇中で一番思い出深かった青春シーンなども語ってもらいましたので、お楽しみに♡

映画『ReLIFE リライフ』は4月15日より全国ロードショーです!