ROOMIEより転載


最高のごはんが炊ける炊飯器やコーヒーを淹れるためのポットなどバルミューダの家電製品。

その人気に火を点けた「BALMUDA The Toaster」は、最高の香りと、カリカリふわふわの食感を実現するトースターだ。バルミューダ独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御技術により、焼きたてパンの味を再現してくれる。

前々から気になっていたバルミューダのトースター。今年2月に発表された「2017年春夏モデル」を使って、フードスタイリスト・田村佳奈子さんのお力を借り、ROOMIE的な簡単・おいしいレシピを開発してみた。

バルミューダのトースター、2017年春夏モデルは何が変わったか?


20170415roomie_toaster2.jpg


温度を自分で調整できる「クラシックモード」は、Wから温度に変わり見やすさがアップ。また、「2015年発売モデル」では出力ワット数を一定に保つように制御しているため、室温などにより温度変化の度合いが異なったが、「2017年春夏モデル」はおよそ2分で設定温度に到達し、その後温度を一定に保つように制御してくれる。

そのほか、5ccカップのサイズを改良し、カップ一杯で5ccと分かりやすくなったり、パンくずが下にこぼれにくいパンくずトレー形状に改良されたり、新しいブランドロゴが採用され、操作部のモードと数字の表示が大きく見やすくなっている。

いずれも小さな点ではあるが、使用者が少しでも使いやすい工夫のようだ。変わった点の詳細は、バルミューダのサイトをチェック。


バルミューダのトースターを使った「ちょいのせ」レシピ


20170415roomie_toaster3.jpg


時間のない朝ごはん、疲れて帰ってきた夜ご飯はん。このトースターを使って、面倒な日にも簡単にできる「ちょいのせレシピ」を紹介しよう。


『さば味噌チーズトースト』


20170415roomie_toaster7.jpg


材料(1人分)

トースト(1枚)サバの味噌煮缶(1/2缶) ピザ用チーズ(20g)紫玉ねぎ(適宜、なければ玉ねぎ)パセリ(適宜)ブラックペッパー(適宜)黒七味(適宜)


作り方

20170415roomie_toaster5.jpg

20170415roomie_toaster6.jpg


紫玉ねぎをスライスするトーストにチーズを半量のせ、その上にサバ味噌をダイナミックにのせ、残りのチーズを散らすチーズトーストモードで4〜5分焼き、紫玉ねぎ、パセリを散らし、ブラックペッパーを振り、お好みで黒七味をふる。紫玉ねぎの食感を楽しもう。

他にも「ちょいのせレシピ」を下記のリンクから紹介しているので是非ご覧くだいさい。


ROOMIEでは朝食や小腹が空いたときに食べたくなるような、手軽で簡単に作れるレシピを紹介しています。

バルミューダのトースターを活用した、意外な「ちょいのせレシピ」電子レンジで簡単に。あっさり食べられる「豆苗の豚肉巻き」のレシピおせち料理に使用される「松風焼き」の混ぜて焼くだけ簡単レシピ