【詳細】他の写真はこちら

Lightning接続のイヤホン、増えています。

ハーマンインターナショナルは、高音質で定評があるAKGブランドの新型カナル型イヤホン『N20LT』を発表しました。こちらはiPhoneのLightningコネクタに直接接続して音楽が聴けるだけでなく、音楽のコントロールや電話の受話なども可能なモデルとなっています。

同ブランド「Nシリーズ」のスタンダードモデル『N20』をLightningコネクタに変更したという本製品。AKGブランドの製品でLightningコネクタを採用するのは初となります。もちろん『iPhone 7』だけでなく、ほかのiPhoneシリーズやiPadでも利用可能。音質の要となる内蔵DACは24bit/48kHzに対応するので、「あれ、3.5mmイヤホンジャック接続のほうが音質が良いかも……?」なんてことはなさそうです。

AKGらしい高音質を実現





AKGのイヤホンといえば美しい高音再生というイメージがありますが、本機も音質面での手抜かりはなく、すでに実績のある『N20』と同じ高性能7mmダイナミック・ドライバを搭載しています。またハウジング本体にはアルマイト処理されたアルミニウム合金を採用し、振動を抑制。ワイドレンジ再生と空間表現のクオリティを向上させているとのこと。

4サイズのイヤーチップが付属、そしてやっぱり便利なリモコン装備



もちろん、イヤホンはつけ心地も大事。『N20LT』では、ハウジング部分から音筒が斜めに伸びる「アングルド・イヤチップ構造」を採用し、4サイズのイヤーチップが付属するので、各人の耳に合わせて最適な装着感が得られそうです。また、スマートフォンに対応したイヤホンではおなじみですが、本イヤホンも例外なくケーブルの途中にマイク内蔵の3ボタンリモコンを装備。曲再生のコントロールや音量調整、通話などが行えます。

『N20LT』の価格は公式通販サイトで1万4880円(税抜)。発売日は4月21日となっています。Lightningコネクタを採用したイヤホンはまだまだ玉石混交な印象がありますが、きちんと音質面にも気を配られていそうで安心して手にとることができそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『N20LT』プレスリリース

『N20LT』製品情報

関連記事



Lightning接続、ノイズキャンセル、聴きながら充電も! パイオニア有線イヤホンの本気モデル『RAYZ』

コンセプトデザイン「イヤホンケーブルが充電器に巻きつく仕組みってよくね?」

開放感がクセになりそう。 耳を塞がない新感覚イヤホン『ambie』