【詳細】他の写真はこちら

「読み書き、そろばん」から「プログラミング」の時代へ。

「DIGIMONO! by デジモノステーション」を運営する株式会社エムオン・エンタテインメントは、<学ぶを遊ぶ>ワークショップシリーズ『DIGIMONO!PLAY!』を開始します。

さっそく第一弾として2017年5月13日(土)に開催するのは、株式会社ソニー・グローバルエデュケーションのロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」とコラボした「DIGIMONO!×KOOV Presents 親子でプログラミングと遊ぼう!」です。

初心者大歓迎! やさしくプログラミングを学べます



子ども向け創造表現活動を推進するNPO法人CANVASの企画協力のもと、「プログラミングってなんだろう?」という初心者の方でも「遊び、学ぶ」ことでプログラミングに親しむことができるこのワークショップ。教材にはブロック玩具のように親しみやすい学習キット『KOOV』を採用し、まさに遊びの延長といった感覚でロボット・プログラミングを楽しく学べる、約90分のカリキュラムです。



なお、『KOOV』でどんなことができるのかを知りたい方は、過去にDIGIMONO!で紹介した解説記事をご一読ください。

【解説記事】ソニー発のロボット・プログラミング学習キット『KOOV』が製品化。おもちゃ+教材のハイブリッドで大人も惚れそう!

ワークショップの内容と参加方法は?





小学生のお子様と、保護者お一人様の7組・14名様を対象とした「DIGIMONO!×KOOV Presents 親子でプログラミングと遊ぼう!」は、東京23区内にて2017年5月13 日(土)13:30から15:00の開催予定。会場については当選者に追ってご案内することになります。ワークショップの内容を要約しますと、

・ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」で何ができるの?

・プログラミングってなに?プログラミングをやってみよう!

・KOOVを組み立ててプログラミングしてみよう!

・みんなでロボットを動かしてみよう!

他(※内容は予告なく変更の場合がございます)

といった流れを予定しており、参加のご応募は専用ページからのインターネット申し込みのみとさせていただきます。応募締め切りは4/26(水)。厳正なる抽選ののち、当選者には4/28(金)までにeメールでご連絡いたします。



かつては「読み書き・そろばん」が必修科目のように言われていましたが、IoTやスマートデバイスの時代となった昨今では「ロボット・プログラミング」が新たなリテラシーとして定着しそうな気配。親子で楽しみながら学べる今回のワークショップに、ぜひ皆様ふるってご応募くださいね。



文/編集部

関連ページ



【ワークショップ】DIGIMONO! PLAY! Vol.1