【詳細】他の写真はこちら

小さくなっても頑丈さは変わらず。

腕時計の性能の指標の一つ、「堅牢性」。頑丈な腕時計は、やはり身につけていて安心感があります。そんな中、「64トンの戦車に踏まれても壊れない」と謳われるビクトリノックスのタフネスウォッチ『I.N.O.X.』シリーズにミディアムサイズの『I.N.O.X. V』が追加され、日本国内では2017年5月1日に発売されることとなりました。

これまでの『I.N.O.X.』シリーズはケース直径が43mmでしたが、本モデルでは直径37mmへとコンパクト化。ただしケース強度は43mmモデルと同等になるように設計され、従来通りの130項目におよぶ過酷な耐久テストをクリア。本体重量も約30%軽くなり、女性でも身につけられるデザインを実現しています。

とにかく頑丈。そしてプラスアルファの性能も。





『I.N.O.X.』シリーズといえば戦車に轢かせる耐圧テストで知られていますが、タフさの証明はそれだけではありません。

20気圧(200m)の防水性能が事前にテストされているのはもちろん、高さ10メートルからのコンクリートへの自然落下衝撃テストを皮切りに、砂嵐や洗濯機の中での約2時間かけた耐砂塵テスト、マイナス51℃から71℃までの温度に耐える耐熱耐寒テスト、12Gの加速度に耐える耐加重テスト、そして洗剤や殺虫剤、溶剤、ガソリンなどの化学薬品に対する耐腐食テストなどなど、独自の耐久テストを多数クリア。

これらのテスト項目は『I.N.O.X. V』にも受け継がれ、頼りがいのある堅牢性を約束してくれます。

選べるストラップデザインが嬉しい。パラコードとレザーの4モデル展開

ビジネス向けモデルから女性向けモデルまで用意



『I.N.O.X. V』はアウトドアを意識したモデルからビジネス向けモデル、それに女性に似合うモデルまで4種類が登場。



アウトドアテイスト溢れるパラコードストラップモデルは、「グレー/ピンク パラコードストラップ」「ブルー/レッド パラコードストラップ」の2種類がラインアップ。頑丈な時計本体と野趣を感じるパラコードストラップは相性バッチリです。両モデルとも、価格は7万9000円(税抜)となっています。



ビジネスの場でも使えるラバーストラップのモデルには「ブラックラバーストラップモデル」、そして柔らかな印象の「ホワイトラバーストラップモデル」が登場。ともに、7万2000円(税抜)にて販売されます。こちらの2モデルは落ち着いたルックスと高級感で、タフネス系腕時計ながらあらゆるシーンに違和感なくマッチしてくれそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『I.N.O.X. V』製品ページ

関連記事



ポルシェ911をリスペクトした腕時計。ソリッド感がハンパないポルシェデザイン『MONOBLOC ACUATOR』

陸・海・空で最強な腕時計『シチズン プロマスター』、3モデルが一挙に登場

ジョブズも着けてた腕時計『セイコーシャリオ』がセイコー×ナノ・ユニバースのコラボで復刻!