故障者/清水=河井、村松 大宮=沼田、マテウス、瀬川
出場停止/清水=なし 大宮=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第7節
清水エスパルス-大宮アルディージャ
4月16日(日)/13:00/IAIスタジアム日本平

清水エスパルス
今季成績(6節終了時点) 9位 勝点9 3勝0分3敗 8得点・7失点

【最新チーム事情】
●ルヴァン杯・2節の札幌戦は0-1で惜敗。
●ユース所属のMF平墳が、4月12日のルヴァン杯で先発デビュー。
●故障離脱中だったFW北川が部分合流。

 
【担当記者の視点】
 前節の柏戦では堅守が機能し完封勝利(2-0)。連敗を「2」でストップし、チームの士気は再び高まりつつある。

 今節のポイントは攻撃陣の出来だ。主力が不在だったルヴァンカップの札幌戦では、再三のチャンスを決められず惜敗したが、前節の柏戦のようにチャンスを確実に生かす意識を持って戦いたい。

 その意味でも、鄭の奮起は不可欠。昨季までエースナンバーを背負い、ともに前線を牽引した大前の前で、改めて実力を見せつけたい。
J1リーグ 第7節
清水エスパルス-大宮アルディージャ
4月16日(日)/13:00/IAIスタジアム日本平

大宮アルディージャ
今季成績(6節終了時):18位 勝点0 0勝0分6敗 1得点・10失点

【最新チーム事情】
●マテウス、瀬川と負傷離脱が相次ぐ。
●菊地は全体練習に合流済み。
●ルヴァン杯の柏戦で活躍した選手の先発も。
 
【担当記者の視点】
 リーグ戦では泥沼の6連敗。ただ、12日に行われたルヴァンカップの柏戦(0-0)では今季公式戦で初勝点を得た。決して内容的に良かったとは言えないが、退場者を出しながらも明確な意思統一を持って戦い抜いたことには一定の評価を与えられる。

 しかし、今節・清水戦で連敗を脱出しなければ意味がない。堅守を意識しながらも、古巣戦となる大前を中心に先手を取るような試合運びを実現したい。