「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」

2017年4月15日(土)から6月25日(日)まで、神戸ファッション美術館にて「夢二ロマン 神戸憧憬と欧米への旅」が開催される。大正ロマンを代表する画家で、文章やデザインなどの分野でも活躍した多彩な芸術家の竹久夢二(1884〜1934年)に注目した特別展示。月曜休館、開館時間は10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)、入館料(特別展示とベーシック展示を含む)は一般が500円 / 小中高および65歳以上が250円で、和装で来館すると無料で入館できる。数多くの美人画を残したことで知られる竹久夢二は、少年の一時期を神戸で過ごした。後年の作品がハイカラで異国情緒に溢れていることからも、神戸での体験が絶えず息づいていたことが推しはかられる。本展では、愛らしい舞妓姿の美人画、屏風絵、オリジナルの港屋版画をはじめ、特別出品の「滞欧米の素描作品」など約200点を紹介。4月16日(日)と5月5日(金・祝)に各日14:00から約30分間のギャラリートーク(申込不要 / 要入館料)が実施されることをはじめ、各種の関連イベントも開催される。なお、神戸ファッション美術館の1F エントランスロビーでは、4月15日(土)から6月25日(日)まで、開館20年を記念して「展覧会ポスター展」も同時開催。5月10日(水)〜5月31日(水)には、4F ギャラリーで「映画ポスター展」の開催も予定されている。いずれも入場無料で楽しめるこれらの展覧会にも要注目だ。

七夕 婦人グラフ(大正15年7月号表紙)

港屋絵草紙店 大正3年

着物の女 昭和6〜8年

■期間:
2017年4月15日(土)〜6月25日(日)

■開催場所:
神戸ファッション美術館
兵庫県神戸市東灘区向洋町中2-9-1

■問い合わせ先:
神戸ファッション美術館
tel. 078-858-0050
url. http://www.fashionmuseum.or.jp/