橋本マナミ

 歌手・加藤ミリヤの交際報道を取り上げた14日放送のフジテレビ系『バイキング』。タレントの橋本マナミは自身も同じ経験をしたことを明かし、「この男性の力量というか、すごいなって。普通ダマせないですよ」と加藤に同情していた。

 この日の放送では、12日に一部週刊誌で報道された加藤の交際報道を取り上げ、加藤が出した書面を紹介。「私自身も今まで知らなかった情報を知る事となり、真剣に向き合っていたからこそ、報道のあった男性とは既に別々の道を歩んでおります」と、相手男性に妻子がいることを知らずに交際したとの趣旨で、すでに破局したことを伝えている。

 坂上は、女性の立場として橋本に質問。交際している男性に妻子がいることを「知らないわけないでしょっていう意見もあるじゃない?」と尋ねられた橋本は「似たような経験をしたことが、20代前半の時にあって。隠されててお付き合いしたんです」と自身も同様の体験があることを明かした。

 続けて、「20代前半だからそんなに経験もなくて、その方のこと信用してたんですけど、その時でさえ、アレッと思うことが結構多くて」とし、外でしか会わないことや電話での連絡がしづらくなる等があったという。

 橋本の場合、共通の友人から相手男性に妻子がいることを伝えられたことで別れられたが、「29歳の加藤ミリヤさんが、気づかなかったってなったら、相当、この男性の力量というか、すごいなって。普通ダマせないですよ」と加藤の元交際相手に驚きの声を挙げた。

 坂上は女性心理を踏まえながら、関係が崩れることを恐れて「あえて聞かないという生き方もあるわけでしょ?」と橋本に確認した。

 橋本はそれを肯定し、「人を好きになっちゃったら、急に離れるのは難しいので。こういう風に報道で突きつけられないと事実っていうのは認められないかもしれない」と述べ、加藤に同情的なコメントを寄せていた。

 一部週刊誌では、4月上旬に加藤と元交際相手が温泉旅行に出かけている様子を写真付きで掲載。交際当初、相手男性に妻子がおり、その後離婚し、内縁の妻とその子供2人と暮らしていることを伝えていた。