ホンダは14日、軽量で取り回しやすいサイズの車体に扱いやすい出力特性のエンジンを搭載した新型クルーザーモデル「レブル250」と「レブル500」を17日に発売すると発表した。

 特徴的な形状のフューエルタンクやくびれのあるナロースタイルのフレームボディーが特徴のデザインに、ワイド&ファットサイズの前後タイヤ、ブラックに仕上げたエンジンや各部パーツの採用することで、タフでクールなイメージに仕上げられている。

 車体は、軽量かつ690mmの低シート高となっている。ミドルポジションのステップが採用され、アップライトなライディングポジションが実現できる。エンジンは、レブル250には249ccのDOHC単気筒エンジンを、レブル500には471ccのDOHC直列2気筒エンジンを搭載する。いずれのエンジンも低回転域でもトルクフルで扱いやすく、高回転域まで伸び感のある出力特性を実現している。また、エンジン内部のギアの仕様やマフラーの内部構造が最適化されているので、エンジンのメカニカル音や心地良い排気サウンドとパルス感が楽しめる。

 サイズは、全長×全幅×全高 (mm)が両モデルとも、190×820×1,090、軸距(mm)1,490。重量は168kg(レブル250)、 190kg(レブル500)。

 カラーは、レブル250には「マットアーマードシルバーメタリック」、「レモンアイスイエロー」、「グラファイトブラック」の3色。レブル500には「マットアーマードシルバーメタリック」と「ヴィクトリーレッド」の2色。価格は、レブル250が53万7,840円、ABS機能搭載のレブル250が58万8,600円、レブル500が78万5,160円(いずれも税込み)。