スコアを伸ばして2日目を終えた谷原秀人(写真は初日)(撮影:ALBA)

写真拡大

<RBCヘリテイジ 2日目◇14日◇ハーバータウンゴルフリンクス(7,099ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」の第2ラウンド。初日4アンダーの11位タイと好スタートを決めた谷原秀人は3バーディ・2ボギーの“70”で回り、トータル5アンダーでホールアウトした。首位はトータル10アンダーのグラハム・デラート(カナダ)。
コースはアニマルプラネット!?ワニが選手の近くをウロウロ
この日の谷原はセカンドをバンカーに入れた3番パー4でボギーが先行するも、直後の4番パー3で約10メートルを放り込んでバーディ。さらに続く5番パー5でもバーディを奪ってスコアを伸ばした。その後はパーを並べる展開が続いたが、後半13番パー4をこの日3つ目のバーディとした。しかし、最終18番でセカンドをグリーン左手前に外してボギーを叩いて5アンダーでフィニッシュした。
初日1アンダーの池田勇太はスタートホールの10番でボギーを叩いてトータルイーブンパーでプレー中。同じく初日1アンダーの石川遼はこれから第2ラウンドをスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

RBCヘリテイジのリアルタイム速報 PGAツアーリーダーボード
「こういう終わり方で悔しい」石川遼は終盤に崩れて53位
11位タイの谷原秀人、マスターズに比べて「すっごいやりやすい(笑)」ワケ
【PGAツアー動画】石川遼インタビュー「(ドライバーの)精度を上げていかないと」
空前絶後、超級怒涛の写真枚数!KKT杯バンテリィィィィィンレディス!!