震災当時を振り返るスザンヌ。数日間、物資の協力などをSNSで呼びかけたという

写真拡大

4月14日(金)、JR博多シティで行われた「熊本復興支援スペシャルトークショー」にタレントのスザンヌが登場した。

【写真を見る】現在3歳になる息子を育てるスザンヌ。普段使う水にもこがわりがあると、ママの一面ものぞかせた

同イベントは、プレミアムウォーター株式会社が行っている「水から復興プロジェクト」の一環。熊本地震からちょうど1年が経ったこの日、熊本出身のスザンヌは「まだまだ、大変な思いをされている方がたくさんいますが、熊本のみなさんは、本当にたくましく、元気で明るいです。引き続き、復興支援をお願いしたいという気持ちもありますが、支援に協力してくれた方々に感謝している方が多いので、恩返ししていきたいね、という話を地元の人たちとしています」と、思いを語った。

また、現在3歳になる息子を育てるスザンヌは、「子供が粉ミルクを飲んでいたときから、プレミアムウォーターを使っています。今でも、味噌汁などの料理にも、毎日お世話になっています」とママの一面ものぞかせた。

さらに、熊本の魅力について「天草の海の幸や、阿蘇のあか牛など、とにかく食べ物がおいしいです。水がおいしいので、野菜もみずみずしくておいしいです」と語り、「ぜひ熊本に遊びに来て、復興のお手伝いをしてほしいと思います」と、復興への協力を訴えた。

震災から1年が経ったが、まだまだ被災地の復興には時間がかかる。この思いを風化することなく、引き続き復興支援に取り組もう。【福岡ウォーカー編集部/杉山はづき】