中国、喫煙に伴う病気で2億人が死亡する可能性 WHOとUNDPが発表

ざっくり言うと

  • 中国では今世紀中に喫煙で2億人が死亡する可能性があるとの報告書が発表
  • 喫煙に伴う病気に関連し、中国国内では数千万人が貧困に陥るとの見解もある
  • WHOとUNDPの報告によると、中国は大きな経済的損害を被ることになるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング