中国・上海で、灰皿にたばこの吸い殻を捨てる男性(2017年2月28日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】世界保健機関(WHO)と国連開発計画(UNDP)は14日、喫煙に伴う病気により、中国では今世紀中に2億人が死亡する可能性があるとの報告書を発表した。また、喫煙に伴う病気に関連して、中国国内では数千万人が貧困に陥るとの見解を示した。

 現在、中国は世界最大のたばこ生産国および消費国で、たばこ産業は政府に莫大(ばくだい)な収益をもたらしている。2015年には前年比20%増の1兆1000億元(約17兆円)の収益を記録した。

 しかしWHOとUNDPの報告書は、早急に喫煙人口を減らさなければ中国は大きな経済的損害を被ることになると述べている。

 また同報告書によると、中国の喫煙による経済的損害は2014年で推計3500億元(約5兆5000億円)に上るとし、これは2000年における損害額のおよそ10倍だという。こうした試算には喫煙に伴う病気の治療費といった直接費と、病気による労働、生産力の低下といった間接費が含まれているという。
【翻訳編集】AFPBB News