髪は女の命といいますが、女性ならば綺麗でツヤのある髪に憧れますよね。コシのある美しい髪を育むためには、日頃のケアが大切です。ケアというとシャンプーやトリートメントにこだわることだけに目がいきがちです。しかし髪の手入れの基本はなんといってもブラッシング、そして髪に合ったブラシを選ぶことなんです。

ブラッシングが大事な理由

パパッと髪にブラシをあてるだけ、なんてブラッシングを適当に済ませていませんか。ブラッシングをする目的は、髪のもつれをほどくだけではないんです。ゆっくり丁寧に行うことで、ホコリや汚れを取り払うことができ、頭皮を刺激して血行を良くする効果もあります。こうしてブラッシングを繰り返すことで、髪と頭皮の状態を良くすることが目的なんです。そして侮ってはいけないのは、ブラシ選び。できるだけ髪を傷めず、頭皮に適度な刺激を与えるられるブラシが理想です。

意外と知らないブラシの選び方

一言にブラシといってもその種類は豊富であり、形や材質は様々です。髪質や長さに合わせて、無理なく髪の手入れができるブラシを選ぶとよいでしょう。

■ブラシの材質

●天然毛
天然毛は固すぎないので、髪や頭皮を傷めにくく、髪にツヤを与える効果があります。普段使い用としておすすめのブラシです。イノシシや豚の毛のブラシが一般的で、猪毛のブラシは豚毛よりも少し固めであり、髪が太めで量の多い人向きです。豚毛は柔らかい髪質の人に向いています。

●ナイロン製ブラシ
値段がお手頃で、簡単に洗うことができ清潔さを保ちやすいブラシです。しかし静電気が起こりやすく、髪を傷めやすいのが難点です。

●木製ブラシ
静電気がおきにくく、木製のピンが適度な刺激を与えてくれます。

■ブラシの形

●クッションブラシ
ブラシのピンのベース部分がクッションになっているブラシをいいます。弾力性があるため髪や頭皮にやさしく、マッサージ効果の高いブラシです。髪の流れをととのえて髪をまとめるのに適しています。

●スケルトンブラシ
目が粗いのが特徴で、手で髪をすいているような感覚のブラシです。パーマをかけていたり、髪がもつれやすい人に向いています。

●ロールブラシ
本来はカールをつけるためのブラシですが、太めのロールブラシは、ストレートヘアにブローしたい時に、髪を伸ばしやすくするのにも使えます。

●デンマンブラシ
クッションブラシに似ていますが、ブラシのピンのベース部分にあまり弾力性がないのが特徴です。主にブローをする時に使われるブラシです。

毎日のブラッシング次第で髪が見違えるように

髪のツヤは、毎日のブラッシングにかかっていると言っても過言ではありません。間違ったブラッシング、例えば髪にブラシが通りにくいにも関わらず、目の細かいブラシで無理に髪をとかしていると、すぐに髪が傷んでしまいます。髪質に合わせて、ときには数種類のブラシを使い分けるとよいでしょう。

ブラッシングをする時には力を入れず、毛先から少しづつもつれをほどくようにして、整えていきます。絡みがひどい場合は、ヘアオイルなどをつけると髪を傷めにくくします。髪の絡みがなくなったら最後に髪全体を解くようにすると、自然と皮脂が髪全体にいき渡り、ツヤがでてきます。またブラシを頭皮に適度にあててマッサージするようにすると、血行が良くなり髪も生き生きとしてきますよ。


writer:Akina