バックナインで猛追、今平周吾は2差3位Tで決勝Rへ(撮影:米山聡明)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 2日目◇14日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>
昨年の賞金ランクは未勝利で10位。クラブ契約を一新して国内開幕戦に臨んでいる今平周吾がこの日前半はパープレーだったが、バックナインでは5つのバーディを量産。トータル7アンダーで3位タイに浮上した。
稲村亜美が聞く!田島創志一押しの若手は?
前半はパットがショート。バーディを奪うことができなかったが、「後半にちょっと強めに打つようにした」とたんに入りだし、10番からは3連続バーディを奪取。リーダーボードを駆け上がった。
新しいクラブにも「だいぶ慣れました」と順調に手に馴染んできている。ヤマハゴルフは契約プロと年間10勝を目指しており、初優勝を狙う今平もそれに貢献することを目指している。「残り2日間も今日みたいなゴルフが出来ればいいと思います」、メーカーからの期待もしっかり背負い決勝ラウンドに臨む。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

大山志保、有村智恵ら5人がヤマハとクラブ契約!藤田寛之も「すごい顔ぶれ」
初出場の今平周吾、石川遼との初同組に“静かな負けん気”
尾崎邸でアプローチを磨いた小平智、“ジャンボウェッジ”も活躍
実録‐‐ヤマハゴルフ、大型契約の裏にあったもの
ケガに悩んだ深堀圭一郎と今平周吾、アンダーウェア【C3fit】で今季に臨む