水のしぶきがすごい(写真はイメージです)
 - (C)2017 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 東京ディズニーリゾートは今年の夏、ジョニー・デップが海賊ジャック・スパロウを演じるシリーズの第5弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』の公開にあわせて、パイレーツ祭りを開催する。

 東京ディズニーシーでは『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの世界をテーマとしたスペシャルイベント「ディズニー・パイレーツ・サマー」を7月11日から8月末まで行う。ジャックと、ジャックと腐れ縁の海賊・バルボッサが率いる海賊たちが繰り広げるショー「パイレーツ・サマーバトル “ゲット・ウェット!”」ではゲストたちは大量の水を浴びることになるほか、「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」などのアトラクションがある「ロストリバーデルタ」には海賊が集う酒場をイメージした「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」というレストランが登場する。

 また東京ディズニーランドでも6月15日から8月末までスペシャルプログラムを実施する。期間中にアトラクション「カリブの海賊」を体験する人は地図を受け取り、『最後の海賊』に登場する3つの「宝」を探す謎解きプログラム「パイレーツ・ミステリー」に参加することができる。

 『最後の海賊』は孤高の海賊であるジャックが全ての海賊の滅亡をもくろむ“海の死神”サラザールと闘いを繰り広げるというストーリー。これまでのシリーズに出演してきたオーランド・ブルームが復帰し、新たな冒険とバトルを壮大なスケールで描く。日本では7月1日に公開される。(編集部・海江田宗)