13日、中国黒竜江省ハルビンの税関はこのほど、数千年以上前に絶滅したマンモスの巨大な牙100本以上とケブカサイの角37本などを密輸する事件を摘発したと発表した。資料写真。

写真拡大

2017年4月13日、英BBCによると、中国黒竜江省ハルビンの税関はこのほど、数千年以上前に絶滅したマンモスの巨大な牙100本以上とケブカサイの角37本などを密輸する事件を摘発したと発表した。

中国メディアによると、これらは今年2月にロシアから運ばれたもので、トラックの荷台に隠されていた。税関職員によると、押収されたマンモスの牙は最も長いもので1.6メートルもあるという。これらの貿易は国際的に禁止されていないが、中国の当局者はその運搬に関する届け出がされていなかったと話している。大豆を運んでいたと主張していたトラックの運転手は、検査の隙に逃走したが、その後、仲間とともに身柄を拘束された。

英ケント大学のダグラス・マクミラン教授によると、北極ツンドラの永久凍土の中に約1000頭のマンモスの遺骸が残されているという。

世界最大の象牙市場である中国に売られた象牙の50%以上がマンモスの牙だ。香港が主要な目的地であり、象牙はネックレスなどのアクセサリーや工芸品に使われている。

マクミラン教授ら専門家は、貿易を禁止しても取り引きはなくならず、むしろそれを地下に押しやり、組織化された犯罪集団の注目を集めることになると指摘する。

中国政府は、2017年末までに象牙の加工・販売業者の営業を全て停止させると発表している。(翻訳・編集/柳川)