全日本選手権、1分47秒29で今大会初優勝

 競泳の全日本選手権(日本ガイシアリーナ)第2日は14日、男子200メートル自由形で萩野公介(ブリヂストン)が1分47秒29で優勝。昨年9月に右肘を手術したリオ五輪金メダリストは初日の400メートル個人メドレーでライバル瀬戸大也に0秒01差で敗れていたが、復活Vを飾った。この種目は5連覇となった。