【広島vs横浜FMプレビュー】広島は公式戦2連続完封勝利で上向き…横浜FMは主将・齋藤学が好調を維持

写真拡大

■サンフレッチェ広島 公式戦はいずれも1−0の完封勝ちで2連勝中

【プラス材料】
 リーグ前節のG大阪戦でようやく初勝利を挙げると、12日のルヴァン杯対新潟戦でも1−0と完封勝ち。広島本来の形である堅いブロック形成の守備に全員の意識を徹底させたことで「個々」という点から「グループ」という線につながり、チームに統一した感覚を生み出した。それが公式戦2連続完封につながっている。

 第5節まで全てのリーグ戦で先発しながらセットプレーからの1得点に終わっていた工藤壮人がG大阪戦では決勝点を叩き出し、その起点になったのが新10番であるフェリペ・シウバの豪快なシュートだったこともチームに勢いを与えている。左膝の違和感から前節は出場を回避した青山敏弘も回復し、横浜FM戦では出場に意欲を見せ、開幕戦で負傷離脱した柏好文もカップ戦で復帰。広島のポジティブな風が吹き始めている。

【マイナス材料】
 ミキッチ、森崎和幸は別メニュー調整中で今節も欠場が確実。練習試合で結果を出し続けていた宮吉拓実も負傷離脱。戦力はまだ完全に整ったわけではない。また、公式戦2連勝とはいえ、いずれも1得点ずつ。今季はまだ複数得点を挙げることができず、「中押し」「ダメ押し」の形も作れていない。

 守備は機能し始めているがG大阪戦でも決定機は作られ、林卓人のビッグセーブに救われた部分もある。広島が本当にいい時は、速攻の鋭さと遅攻の分厚さがいいバランスで共存しているのだが、まだそこまでには至っていないのが実状だ。けがから復帰した柏や青山も万全のコンディションとは言い難い。「厳しい立ち位置はまだ変わっていない」(森保一監督)のが実状だ。

文:紫熊倶楽部 中野和也

■横浜F・マリノス 前節の磐田戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利

【プラス材料】
 前節の磐田戦でリーグ戦4試合ぶりの勝ち点3を手にした。前半にマルティノスがヘディングでゴールネットを揺らし、一時は同点に追いつかれたが、後半に金井貢史が今季初ゴール。開幕2連勝後は1分2敗と苦しんでいただけに会心の勝利となった。

 その試合で2アシストした主将・齋藤学は依然として好調を維持している。今季はここまで5試合に出場して5アシストと、攻撃の中心人物としてフィニッシュのほとんどに絡んでいる。誰よりも本人が欲している初ゴールは時間の問題だろう。

 チームは12日にルヴァン杯第2節で神戸と対戦して0−2で敗れたが、先発を総入れ替えしたことでコンディションに不安はない。全力でリーグ戦2連勝を目指す。

【マイナス材料】
 本来は堅守を売りにしている横浜FMだが、今季は第6節を終えて完封試合が第2節・札幌戦(3−0)の1試合のみ。我慢すべき時間帯に我慢しきれていない印象が強く、ゴール前での耐久力に不安を残す。

 前節・磐田戦での失点場面が象徴するように、セットプレーからの失点が多いことも気がかり。ダイレクトで決められる場面は少ないが、セカンドボールへの反応で相手に一歩遅れを取っている。金井は「誰か一人の責任ではなく、チームとしてセットプレーで失点しない空気を作っていきたい」と修正ポイントを話す。

 広島には2014年9月の勝利を最後に1分3敗と分が悪い。まずは無失点でゲームを進めて攻撃陣の爆発に託したい。

文:totoONE編集部