14日、韓国人の3割が竹島問題を韓国の海洋問題における最大の脅威に挙げている。写真はソウルの独島体験館。

写真拡大

2017年4月14日、環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の海洋問題における最大の脅威は「竹島問題」だと伝えた。

【その他の写真】

記事は、韓国海洋水産開発院が13日に発表した調査結果を紹介。韓国の成人1000人を対象とした同調査で、25.7%が「日本が竹島(韓国名:独島)を虎視眈々と狙っていること」が、韓国の海上防衛にとって最大の脅威だと回答した。以下、「外国漁船の不法操業」「隣国との未確定境界」「北朝鮮との北方境界線をめぐる争い」などが続いた。

「いかにして海洋領土の管理を強化するか」についても、「竹島の実効支配を強化する」との答えが最も多く、このほかに「外国漁船の越境操業に対する取り締まり強化」「海洋境界線の早期確定」「海洋警備力の強化による北方限界線の堅守」などの回答が並んだ。(翻訳・編集/川尻)