ニュルブルクリンク24時間レースなどに出場できるクラスとして、国際的に注目を集めているのがFIA-GT4カテゴリー。SUPER GTのGT300クラスに出場するFIA-GT3カテゴリーの下のクラスに位置しています。そのGT4カテゴリーにアウディが新しくR8を投入することを発表しました。

それが4月12日にニューヨーク国際オートショーに先駆けてインゴルシュタットで発表となったAudi R8 LMS GT4

。GT4カテゴリーでは市販生産車モデルをベースにレーシングカーを製作しますが、このAudi R8 LMS GT4は市販生産車のAudi R8 Coupé V10がベース。エンジンはほぼノーマルのままながら、GT4のレギュレーションにあわせた軽量化やサスペンションなどの専用プログラムでレーシングカーとして仕立て上げられています。

ボディー自体は市販のR8とほぼ同じ。GT3マシンのようにフェンダーを拡げたりすることはできません。またウィングやスポイラーもレギュレーションにあわせて小ぶりとなっており、特にフロントのカナードは同色にしてしまえば目立たないほど。

SUPER GTに出場するGT3マシン(Hitotsuyama Audi R8 LMS)と比べると、Audi R8 LMS GT4がいかに市販車に近いものかお解りいただけると思います。

Audi R8 LMS GT4は構成部品の60%が市販のR8と同じ。生産工場も同じということで、市販車とGT4マシンのつながりは深いものとなっており、アウディではその相乗効果でGT4マシンの価格面、信頼性において購入者にとって有利になると説明しています。

このAudi R8 LMS GT4のデビューレースは、5月25日(木)〜28日(日)に行われるニュルブルクリンク24時間レース。

FIA-GT4カテゴリーのライバルはBMW、アストンマーティン、ポルシェ、マクラーレンなどスーパーカーメーカーがひしめいています。また、GT4カテゴリーのレースは世界中に13もあるとのこと。

その一つが日本のスーパー耐久シリーズ。今シーズンから参加クラスが増え、ST-RクラスにはアウディのTCR規格の新型レーシングカーAUDI RS3 LMSが開幕戦でデビューしています。このスーパー耐久シリーズにはGT4カテゴリーが出場できるST-Zクラスも新設されました。ただし開幕戦ではエントリーがいませんでした……

このST-ZクラスにAudi R8 LMS GT4が出場るのですから、スーパー耐久の上位3クラス全てにアウディのレーシングマシンが出場できることになります。

日本でも活躍の場があるAudi R8 LMS GT4。ぜひその戦いぶりを見てみたいと思います。

(レース写真・文:松永和浩)

日本のスーパー耐久にも参戦!? アウディがGT4カテゴリーの市販レーシングカーを発表(http://clicccar.com/2017/04/14/463164/)