ジョン・カーペンター監督のSFホラー映画『遊星からの物体X』。それから29年が経った、2011年に前日譚として作られたのが『遊星からの物体X ファーストコンタクト』でした。

以前にご紹介したコンセプト・デザイン集の話で触れましたが、ほとんどのクリーチャーが大人の事情でアニマトロニクスからチープなCGに変更されてしまった同作。

そんな『遊星からの物体X ファーストコンタクト』の特殊効果を手がけたスタジオが、実はアニマトロニクス満載でいくつものクリーチャーたちを制作していたというメイキング映像を公開しました。



こちらは特殊効果のスタジオstudioADIの動画でした。

複雑なアームと繋がっていたりラジコン操作だったりしますが、どれもウゴウゴしており、グロいメイクをしたらさぞや気持ち悪いクリーチャーが生まれるのだろうなというものばかり。最初は個別に作られていたパーツが合体して昆虫の姿になったり、スタントマンに火炎放射をする撮影シーンも見られたりと興味深い映像でした。

このスタジオ、studioADI(アマルガメイテッド・ダイナミクス・インク)はほかにも『エイリアン3』や『X-ファイル』、『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』、それに『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではゾッドの遺体などを手掛けており、リメイク版『IT』にも参加しているとのこと。

ちなみにADIはその後、『遊星からの物体X ファーストコンタクト』でのアニマトロニクスを期待していたファンへのお詫びとしてクラウド・ファンディングで出資金を募り、『X-コンタクト』という映画作品でリベンジを果たしました。ボツにしたままでは、あまりにももったいないですもんね。

最後に、カルチュア・パブリッシャーズによる『X-コンタクト』の予告編をどうぞ。

image: YouTube
source: YouTube(1・2)

(岡本玄介)